読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】樫の木の堅さか、柳の枝の柔軟性か

ヒューマンデザイン 読書
やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

 

アンジェラ・ダックワースの「GRIT(やり抜く力)」を読了。本書は、ものごとをやり抜く力はどのように備わるのか、どのように養えるのか、という調査研究をまとめた一冊です。まあ、いろいろと要因はあるようですが、はて、この「GRIT(やり抜く力)」を、ヒューマンデザインでも導き出せるかな?と考えてみました。

Pech Merle Oak

ヒューマンデザインで4番ライン(易占いの4つ目の爻)を持つ人は「樫の木のように堅い」と表されます。4番ラインの人は、折れないし、周囲の人に対して妥協もしません。ある意味、頑固なのですが、それは人間関係や仕事を続けるために必要な資質であり、ものごとを継続し、やり抜く力(GRIT)があると言えるでしょう。

しかし4番ラインは曲がりにくいものの、強力な負荷がかかれば、ボキッと折れてしまいます。こうなると元通りにはなりません。精神的に折れてしまうと、しばらく折れっぱなしなので、回復するにも時間がかかるのです。また4番ラインは「ダメだと悟ると退位する=今の地位から引き下がる」とも言われており、折れた途端に人間関係や仕事から身を退いてしまうかもしれませんね。

レジリエンス 復活力--あらゆるシステムの破綻と回復を分けるものは何か

レジリエンス 復活力--あらゆるシステムの破綻と回復を分けるものは何か

 

この堅い4番ラインと対になるのが、柔軟な3番ラインです。3番ラインを持つ人は、逆に「柳の枝のように柔軟」です。試行錯誤を繰り返しながら、相手に合わせる力を養っていきます。そのため妥協妥協の人生になりがちですが、たとえ曲がっても、4番ラインのように折れはしないんですね。ぐんにゃり落ち込むことはあっても、またびよーんと戻ってくる。これもまた、やり抜く力(GRIT)に必要な強さだと思います。

ヒューマンデザインのチャートを見れば、自分が堅い4番寄りなのか、柔軟な3番寄りなのかも分析できます。あるいはどちらの要素も薄い場合もありますが、それはそれで意味があるものです。御自分のやり抜く力(GRIT)を見極めるためにヒューマンデザインを活用するのも宜しいかと。

ちなみに僕は元々、堅い4番ラインがまったくありません。逆に3番ラインが多いので、相手に合わせて柔軟にやる人なんでしょうね。おかげで、折れずにここまでやって来ましたが、その柔軟性を養うまでは、ほんと、妥協妥協の人生ですよ(^_^;)

・ヒューマンデザインの個人リーディング・基礎講座を受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.com へご連絡ください。

【ヒューマンデザイン】双子座上弦の月:成長のために見直す

Climbing

明日3月5日20:32、双子座上弦の月。今回の月は「成長への飽くなき欲望」という位置になります。『易経』の卦で言えば「火地晋・万物が進む」=発展することに餓えるのですが、今回の月はポジティヴ面に偏っているので、良い意味での貪欲さという感じでしょうか。新月(日食)からの上弦の月なので、新月に抱いた成長欲が次第に形を現してくるのかもしれませんね。

さらに明日16:34には、冥王星「アルファオメガ」「光でもあり闇でもある」というターニングポイントから「懐の深さ」へ変わります。これは「野望」の位置であり、出世やキャリアアップの位置ですが、いったん出世したからと言って、下の者を見下すことなく、実りある関係が築けるという位置です。384個あるラインの中でも珍しい、ネガティヴな偏りの無い位置なので、結構ありがたいなと。

ただし冥王星は、4月20日から逆行を始め、6月8日02:08には再び「アルファオメガ」「光でもあり闇でもある」に戻ってきます。明日から6月8日までは、出世した後の人間関係を調整し、そこからまた新たなターニングポイント(7月18日07:21まで)に戻ると。

Venus

ちなみに金星は、昨日から逆行期間に入りました。まず金星=価値観を見直し、次に4月6日から逆行する土星=審判を見直し、4月10日から逆行する水星=コミュニケーションを見直すと。そして4月15日に金星が順行に戻り、価値観の見直しが済んだところで、4月20日から冥王星=隠された真実の見直しに入るわけです。すでに2月6日から逆行中の木星=ルールの見直しも続いていますから、成長のための再検討が強まってきますね。

そして月はこの後、3月12日23:54に乙女座満月を迎えます。この月は「プレッシャーを克服する望みを失う」という、ネガティヴな位置です。同じ日の07:30には、天王星「間違って悩みにエネルギーを注ぎがち」という、これまたネガティヴな位置に入るため、春を間近に控えて憂鬱になる場合もあるでしょう。それについては、また次回……

【日常】浅草でメジャーカップ(30ml/15ml)を買う

日常 神社・仏閣巡り お酒を楽しむ

f:id:crystal0207:20170303161257j:plain

今日は午後から歯医者に行き、その足でぶらり浅草へ。いつもながら観光客で賑わう浅草寺にお参りするのも、2017年初です。

f:id:crystal0207:20170303162030j:plain

店舗紹介 SHOP INFOMATION グラス&バー用品専門店 グラスファクトリー「創吉」

浅草へ出たついでに、グラスファクトリー「創吉」さんに寄り、30ml/15mlのメジャーカップを買いました。自宅でウイスキーを飲む際、今までは目分量でしたが、これがあればシングル(30ml)もダブル(60ml)もハーフショット(15ml)も量れますし、トゥワイスアップ(Twice-Up お酒と同量の水で割る)の場合にも便利だなと。ついでに小ぶりのグラスと、革製のコースターも購入。KALDIで、つまみのナッツ&ドライフルーツも買ったし、家飲み準備万端です。まあ、こうしてモノを揃えていくと、家飲みでも雰囲気が出るものです、それなりに。

f:id:crystal0207:20170303215807j:plain

しかし何故、こんなにお酒を覚えようとしてるのかは、自分でも不明……多分「わらしべ長者」のように、お酒を少し覚えた後に、本当の答えが待っているのでしょう。

【ヒューマンデザイン】人生の面倒くささに向き合う

ヒューマンデザイン

Atlas

歯の詰め物が取れたので、久しぶりに歯医者さんに行きました。実は虫歯にもなっていたようで、ついでに歯の総点検という事態に。また花粉症も出てきたので、先週買ったばかりのウイスキーも、花粉症を促進してはまずいとばかりにしばらく封印です。

とまあ、世の中には「面倒だけど、やらなくちゃいけないこと」「心地良くないけれど、その人にとっては必要な、正しいこと」があるものです。虫歯になったら、歯を削るドリルを怖がってはいられない。お酒を飲みたくても、控えなきゃならんわけです。

ヒューマンデザインで、自分なり誰かを分析してみると、やはりそういった「人生のめんどくささ」が浮かび上がってきます。その人が人生の目的を果たすために、面倒でもやらなきゃいけないことがあるわけで、それを避け続けていると、いつか目の前にドーン!と大きな形で現れて、向き合わざるを得なくなる……そんな印象もありますね。

Flower

逆に考えれば「心地良いことがすべて正しいとは限らない」「最初は心地良く感じても、後から間違っていたと気づくこと」もあるわけで、これも結構、厄介ですな。もちろん、心地良い仕事や人間関係は必要なのですが、頭の中がお花畑になっていて「楽しいからいいの~♪ 嫌なことはしなくていいの~♪」とか言いつつ、実は「楽なことに逃げている」だったりすると、必要な学びが得られないと。

なので厳しそうに感じても、人生の修行には、早めに取り組んだ方が良いのですが、そこで苦行を避けてしまう人間の弱さもありますしね。周囲がいくら言っても、結局は本人の問題だし、その結果も本人が背負うことになるので、任せるしかないわけです。

そんな「人生の面倒くささ」に向き合ってみたい方は、是非ヒューマンデザインのリーディングをどうぞ。

 

・ヒューマンデザインの個人リーディング・基礎講座を受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.com へご連絡ください。

【夢日記】凍った人形

Amai

昨夜の夢。僕の目の前には、大きな冷蔵庫があった。その冷蔵庫に誰かが隠れているらしく、僕は何度も『出てきなさい』と冷蔵庫の中に呼びかけた。結局、誰か出てくる気配は無く、仕方なく中に手を突っ込むと、全長1mぐらいの、ガチガチに凍った女の子の人形が出てきて……目が覚めた。01:56。

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

夢の中の「冷蔵庫」は、感情や愛情を凍結させること。「(柔らかいぬいぐるみではなく、固い)人形」は、本来の自分を我慢して表現していないこと。「凍る」も、感情が凍ることで、エネルギーが出せていない状態。女の子の人形だったので、女性性=感情をガマンしたり、感覚的な部分を表現していないってことでしょうね。あるいは女性的な受容性、受け取ること、受け入れることが出来ていないとか。

まあ、自分のこととして考えれば、そろそろガマンせずに自分の本心を伝えるか、誰かの思いなり意見を受け入れなさいと。それとも自分の周囲にも、本心を言えずにいる人がいるのかもしれません。魚座日食直後の夢なので、強いメッセージかなと……

【夢日記】エスカレーター、共依存、オオカミ

夢日記

P1010872

昨夜の夢。僕は、黒い凹型のテーブルについて仕事をしていた。机の前の大きなモニターには、知り合いの編集者さんが仕事をしている様子が映っている。遠く離れているのに、なんだか同じ空間で一緒に作業をしているような感覚だった。すると誰かが傍に来て『いつも利用しているネットストアが繋がらないので調べてほしい』と言う。PCを立ち上げてみると、たしかにそのサイトには繋がらない。一時的にダウンしているのか、それとも急に閉店したのだろうか。

やがて僕は、仕事場を出て、上りエスカレーターに乗った。エスカレーターは、やけに勾配が急で、スピードも早く、思わずつまずきそうになった。上の階は、ショッピングモールになっていて、その通路では見知らぬ男性2人組が騒いでいる。一人は相手をかなりきつく叩き、叩かれている方はへらへらと笑っていた。叩いている方も問題だが、叩かれている方も相手のサンドバッグになることで自己価値を見いだしているようだ。心理学で言うところの「共依存」なのだろうが、さて、あの二人にそれを説明しても聞き入れてもらえるかな……と思いつつ、いつの間にか僕は建物の外に出ていた。

Wolf

建物の外には、野犬が群れをなしてうろついていた。群れのリーダーは、仔牛ほどもあるオオカミだ。うわっ、怖いなあ……と思っていると、僕は急に見えない力につかまれ、後ろへ引っ張られた。まるで『オオカミには近づくな』とでも言われているかのように。僕は、青信号が点滅している中、横断歩道をぎりぎりで渡り、駐車場を通って仕事場に戻ろうとして……目が覚めた。06:29。

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

夢の中の「机」は自分を調査研究すること。「コンピュータ」は現実を生み出す心。「上りエスカレーター」は最良の選択で最良の方向へ進むこと。「犬」は自分の男性的側面。信号の「青」は精神性やリラックス、幸せ、だそうです。

なんでしょうね。自分で自分の調査研究をしつつ、ネットを通して別の人物も観察し、調査研究すると。そのうち別の誰かを調べてくれと頼まれた場合、ネットが断線するので、仕方なく実地調査に赴くことになる。上りエスカレーターは、予想外のスピードで良い方向に連れて行ってくれるけれど、その先にいるのは、共依存に陥った人間関係。ただ、それにも口を挟まず、ただ観察する。こちらから野犬のように噛みついたり吠えてはいけない。実地調査が終われば、信号を渡ってまた、デスクワークに戻ると。

ヒューマンデザインで僕の環境を見ると「腐った社会や人間を目の当たりにするけれど、それを訂正することが人生の目的ではない。そういった環境に身を置くことで成長できる」とあり、それを思い出しました。また自分の中には「腐った人間は、もう元には戻らないものとして放置する」という冷たい部分があります。共依存に陥った人間も、あくまで研究対象として観察だけして放置する、のかもしれません。自分の中には、野犬やオオカミのような獰猛さもあって、腐った奴はさっさと噛み殺したいけれど、それはやるなと。魚座日食前夜、なかなか強烈な夢でしたな……

【ヒューマンデザイン】魚座日食:約束や束縛を見直す

ヒューマンデザイン

Pinky promise!

明日、2月26日23:58、魚座日食。今回の月(と太陽)はヒューマンデザイン的には「家族や仲間内のルール違反に対処し、バランスの取れた行動をする」「バランスの取れた行動が分からず、何度も同じことを繰り返して叱られる」という位置です。日食=月と太陽が同じ位置にあるため、この意味合いが強く出てくるかと思われます。また、月・太陽と手を結ぶ位置「家族や仲間内の約束から解放されても、謙遜して有頂天にはならない」「解放されたことを見せびらかす傲慢さ」には地球も入っています。

つまり今回の月・太陽=地球の位置は「家族や仲間内での約束・契約」に関わる力を下ろしています。これまで何度も仲間内の約束を破ってきた人は叱られ、約束に縛られてきた人が解放される、という位置なのです。この「家族や仲間内での約束・契約」とは、古い部族的な契約であり、父権的な束縛です。『私はこれをやるから、あなたはこれをやってね』という役割分担でもあります。ですから仲間内で、束縛ばかり多い割にバランスの悪い分担作業があれば、そのアンバランスさが是正されるような配置なのです。あなたは、約束を破って叱られる側でしょうか、それとも束縛から解放される側でしょうか。

Slave

この「家族や仲間内での約束・契約」は、現在の世界的テーマ(グローバル・サイクル)でして、人類は1600年以降、お互いの約束や分担作業によって文明化を進めてきたと言われています。つまり家族や仲間との約束を大切にする時代だったわけですが、一方でそれは、個人を犠牲にしてきた時代でもありました。集団のために個性を殺してきたからこそ、人類は多くの共同体を建設できたと。

ただし、家族や仲間を大切にする時代も2026年で終わり、2027年からは、古いタイプの家族や仲間などの共同体が頼りにならなくなり、個人を優先する時代になると言われています。それは今現在の僕らの道徳観からすると、非常にワガママにも見えるのですが、そうしなければ生き残れない時代なんだとか。

それが真実かどうかは分かりませんが、今回の日食も、2027年に向けて、もう古くなって使い物にならなくなった約束・契約・束縛を見直すタイミングなのかもしれませんね。

また引き続き、冥王星木星のコンビは「野望によって社会的ヒエラルキーを駆け上がる」にあり、冥王星「アルファオメガ」「光でもあり闇でもある」というターニングポイントに位置しています。ここで約束・契約・束縛を見直せるかどうかが、キャリアアップにも繋がるように思えます。

そして月はこの後、3月5日20:32に双子座上弦の月を迎えます。この位置は「成長への飽くなき欲望」です。欲望と言っても、運良く、誰かを押しのけたり、地位を悪用する方向には向いていません。また冥王星はこの日の16:34、「アルファオメガ」「光でもあり闇でもある」から出ていきます。明日の日食から3/5までの期間というのも、ターニンクポイント期間の大詰めなのかもしれませんね。