NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】他人から受け取った感情を解毒(デトックス)する

f:id:crystal0207:20170729133906j:plain

先日のヒューマンデザインお茶会話の続き(写真は現場で食べたバターチキンカレー)。当日その場に居た(僕を含めた)4人は全員、基本的には感情の波が無い人たちでした。この「基本的には感情の波が無い人」とは、普段は穏やかで、喜怒哀楽の振れ幅が少ない人たち。そのため、当然お茶会ものんびりモードとなります。わーきゃー騒ぐこともなく、ゆったりとした時間が過ごせました。

ただしこの「基本的には感情の波が無い人」は、他人の感情による影響を受けやすく、他人からの感情を受け取るとそれを増幅してしまうと言われています。つまり誰かから「怒り」という感情を受け取れば、それを倍増してさらに怒ってしまう。なので普段『あの人、いつも怒ってるなあ、感情的な人だなあ』と感じる人ほど、実はヒューマンデザインのチャートを出してみると「基本的には感情の波が無い人」で、ただ単に周囲から感情を受け取って増幅しているだけだった……という場合が多々あるのです。

そして今回ゲスト参加された方は、普段一緒にいるご家族や友人がほとんど「基本的に感情の波がある人」とのこと。恐らくそのせいで、常に周囲からの感情を受け取ってしまい、その受け取った感情が東京まで来ても残っていたご様子。本来は穏やかな方なのに、まるで「感情の波がある人」のようにお話される場面もありました。

ところがこの日は、他の3人の穏やかな感情に触れたせいか、他人から受け取った感情が徐々に解毒(デトックス)されたようで、夕方頃にはゲストさんは「この場にいるとマイナスイオンより癒されます~」とリラックスされ、本来の「基本的には感情の波が無い」御自分を取り戻されていました。

ゲストさんは、のんびりした自然溢れる地域にお住まいなのに、ご家族や友人からの影響によって感情が常にざわざわし、そのご家族や友人から離れたコンクリートジャングルの東京で穏やかな感情を取り戻すという、こちらから観察していても、なかなか得がたい体験をされていたようです。御本人は「眠くなるくらいリラックスしました」と仰っていたので、他の3人は「それが本来の感情なので、その状態を忘れないで」とお伝えしたり。しかしそういった気づきを得たり、長年受け取って来た感情をデトックスするにも時間がかかるものだなあ……と思った一日でした。

 

・ヒューマンデザインの個人リーディング・基礎講座を受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.com へご連絡ください。

【ヒューマンデザイン】知りたいけど、読みたくない

f:id:crystal0207:20170729210112j:plain

昨夜は、19:00から丸の内でフルリーディングでした。

いや本当は、10:00から渋谷でリーディングする予定だったのです。ところがお相手(ヒューマンデザインを何年も学んでいる方です)が寝坊され、品川に到着されたのが12:00過ぎ。午後からは湯島に行って、花山りり香さんや早乙女さとみさんと4人でお茶する予定だったので、フルリーディングは後回しとなりました。

ただ、御本人にはすでにPDFでリーディングレポートをお送りしていましたが『途中から読むのが嫌になる箇所があるんです~』とのこと。まあ、それも致し方ありません。ヒューマンデザインは『あなたにはこんな才能がありますよ』と励ましてくれる反面、『あなたにはこんな厄介な部分もあるので、ちゃんと向き合ってね』という面もあるので、そこに抵抗される方も多々いらっしゃいます。今回も御本人は『自分の情報を知りたい』と意識していながらも、肉体は無意識に抵抗し、寝坊したんじゃないの?みたいな話にもなりました。まあ、それだけ自分に向き合うのは大変なことだし、リーディングを受けるにも勇気や覚悟も必要なのかもしれません。

幸い昨日は、花山さんと早乙女さんのデトックスパワーが効いたようで、お茶会が終わる頃には御本人もスッキリされ『じゃあリーディング受けます』という運びになりました。そのあたりも、かなり面白い体験だったのですが、それについてはまた後日……

 

・ヒューマンデザインの個人リーディング・基礎講座を受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.com へご連絡ください。

【夢日記】掃除、新幹線、シーソーとハシゴ

Bookstore

先週から、ちょいちょい短い夢ばかり見ているので、ここでまとめて記録。

7月22日03:38。僕は、見知らぬ古書店に入った。店主(女性)は不在らしく、旅館の仲居さんのように和服を着た女性たちが「お嬢様?お嬢様?」と店主を探している。「本」は、自分の人生の目的。その目的が目の前にはあるけれど、その目的を手渡してくれる女性はいないということか。

7月24日07:01。肉体は熊のようで、顔には鳥のクチバシが付いた怪物が暴れ回っていた。「熊」は、可愛くもあり、凶暴にもなる感情の象徴。クチバシがあるのは「鳥」=自由な精神だけど、翼は無かったので、自由になれない感情が暴れているということか。

7月25日03:01。僕は、とても複雑な掃除機を組み立てていた。「掃除」は、感情の汚れを取ること。つまり感情を浄化する準備をしていて、それはとても困難だということ。

7月27日00:30。僕は、新幹線に乗って東京に向かっていた。車内は穏やかだったけれど、周囲の景色はどんどん変わっていた。「新幹線=列車」は、仕事上の進路。自分で感じているよりも、仕事上で、急激な変化が起きているということか。

7月27日02:53。どこかの公衆トイレの個室に入ると、隣の個室から従姉妹が『夏休みはどうする予定だった?』と訊いてきた。「トイレ」も感情の浄化を意味するもの。

7月28日02:15。僕は、ヒューマンデザインの講義をしていた。結構な人数が集まっていたが、受講者の一人が『この教室には霊がいる』と言いだし、部屋の隅に行って何かをつかまえ『これでもう大丈夫』と言った。「幽霊」は、自分が理解していない側面だと言うけれど、除霊されていればいいなあ……

7月28日04:07。囚人たちが、刑務所の庭にシーソーを出して、そのジャンプ力を使って刑務所の外に飛び出そうとしている。彼らは刑務所から出たいらしく、泣き叫ぶ者もいた。「刑務所」は、自分自身を閉じ込める精神的監獄。「シーソー」は感情にとらわれて同じことをぎっこんばったん繰り返すこと。

7月28日05:25。僕は、学校のような建物で、かくれんぼをしていた。ハシゴを上って、給水塔の上に隠れようとしたが、だいぶ高くて怖くなった。「ハシゴを上る」は、新たな気づきへ到達すること。

全体的に、浄化、解放、変化というテーマがちらちら見えていますが、いずれも先日の獅子座新月以降の夢なので、それに絡む部分もあるかもしれません。それにしても、いろいろ見るものです……

【ヒューマンデザイン】小惑星キロン回帰:自分の番が来る

f:id:crystal0207:20170726142601j:plain

今日は表参道にて、ヒューマンデザイン仲間とのお茶会でした。久しぶりにお互いの近況報告をしましたが、その方のご家族が、あることがキッカケで『とうとう自分の番が来た』と呟かれたとのこと。それはやはり(50歳前後でやって来る)小惑星キロン回帰の感覚なんだろうなあ、という話になりました。

僕自身を含むある種の人々は、この小惑星キロン回帰=50歳前後で30代~40代でやっていた仕事を手放す」「若い頃にうまく対処できなかったことにもう一度取り組み直す」「その変化を嫌がると、人間として壊れる」と言われています。そういった変化に対処しなければならないと分かっているからこそ『とうとう自分の番が来た』という言葉が出てきたのだと思います。

僕自身も、15年ほど続けた作家仕事は完全に手放しましたが、まだ『自分の番』は来ておりません。僕自身のキロン回帰ジャストは、来年4月24日なので、それまではまだ屋根の上でその準備を進めていればいいやと。まあ実際には、何をどう準備すればいいのかは分からず、ただ身体とやる気に従って行動するしかないのですが……

その象徴たる小惑星キロンは、7月1日から12月5日まで逆行中です。小惑星キロンのテーマである「癒し」も、停滞しているのか、奥深いところまで潜りつつあるのか……

f:id:crystal0207:20170726144131j:plain

お茶会後は、一人で明治神宮にお詣りしてきました。しかし先日の素盞雄(すさのお)神社、小野照崎神社に続いて、なぜ神社にばかりお詣りしてるのか自分。多分、これから先、小惑星キロン回帰に伴う面倒なことが起きると、無意識に分かっているので、神様に守ってもらいたいのかもしれませんねえ……

 

・ヒューマンデザインの個人リーディング・基礎講座を受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.com へご連絡ください。

【日常】素盞雄(すさのお)神社~小野照崎神社~こぐまカフェ

f:id:crystal0207:20170724141104j:plain

今日は薄曇りで日差しもキツくなかったため、午後から散歩に。珍しく北千住駅西口からスタートし、国道4号線を南下。千住大橋を渡った先にある素盞雄(すさのお)神社にお詣りしました。こちらの前は何度か通りかかったことはあるものの、境内に入ったのは初めてです。御祭神は、素盞雄大神と飛鳥大神。

f:id:crystal0207:20170724141242j:plain

f:id:crystal0207:20170724141438j:plain

f:id:crystal0207:20170724141816j:plain

f:id:crystal0207:20170724141511j:plain

f:id:crystal0207:20170724144858j:plain

さらに4号線を南下して、三ノ輪から下谷へ。数年ぶりに小野照崎神社にもお詣りしました。俳優の故・渥美清さんが、売れない頃に参拝して『禁煙しますから売れますように』とお願いしたところ、「男はつらいよ」の寅さん役のオファーが来たというのは有名なお話。今でも芸人さんがよくいらっしゃるとか。

んで参拝も終わり、近くの「入谷プラスカフェ」で一服しようと思ったら、本日は定休日。まあいいやと浅草方面に向かい、「合羽橋珈琲」に行ってみたらこちらもお休み。それじゃあと浅草の老舗喫茶店「アンヂェラス」も向かうも、こちらも定休日。さすがに歩き疲れていたものの、気合いを入れ直して浅草寺にもお参りし、さらに隅田川を渡って東向島に入り、ようやく「こぐまカフェ」で一服できました。

f:id:crystal0207:20170724154644j:plain

前回に引き続き、水出しアイスコーヒーとあんみつ玉でひと休みです。結局今日は10kmほど歩きましたが、早く散歩しやすい秋になってほしいものです……

【ヒューマンデザイン】「The Grobal Incarnation Index」を訳しました

f:id:crystal0207:20170724081719j:plain

「愛のゲート The Love Gates」「6つのライン The Six Lines」「12プロファイル✕4タイプ Profile and Type」「カラーの意識 Color Consciousness」に続く、個人翻訳プロジェクト第5弾として「192の基本インカネーションクロス The Grobal Incarnation Index」を訳し終わりました。原書は、英文165ページ二段組。今まで訳してきた中で最大のボリュームでしたね。昨年購入した直後から少しずつ訳してきて、25%ぐらいまで進んだ今年4月中盤から一気に集中。結局、日本語版は270ページ以上となりました。

この「192の基本インカネーションクロス The Grobal Incarnation Index」は、2000年に行われた講義録で、以前ヒューマンデザイン・ジャパンのサード・ディグリーのテキストとしても配布されていました。しかしあいにくそちらはダイジェスト版でして、省略箇所も多く、各インカネーションクロスに関しても数行まとめられているだけでしたが、今回はその完訳版ということになります。

インカネーションクロスは、その人の人生の目的や、その人が生きる神話や原型(アーキタイプ)を現すものです。その雰囲気をダイジェスト版だけで理解するのはなかなか難しく、やはり完訳版に触れていただきたいなと思います。まだどういう形で公開・配布できるかは未定ですが、ヒューマンデザインを学んでいる方にできるだけ多く目を通していただきたいところです。もし『是非読みたい!』という方がいらっしゃいましたら、ヒューマンデザイン・ジャパンにリクエストを出していただけると助かります。公開・配布のメドが立ちましたら、またこちらでお知らせしますので、それまで少々お待ちください。

【ヒューマンデザイン】獅子座新月:炎上商法が自滅する

burn!

明日7月23日18:46、獅子座新月。今回の新月の(そして太陽の)位置は「刺激を求めて放浪する」の中でも「刺激を与えて注意を惹こうとするが、相手を挑発してしまい自滅する」という、厄介な位置に偏っています。この「刺激」とは、知的な考えやアイデアでもあるのですが、そういった「刺激」を与えて問題を解決しようとしても、藪蛇になって、かえって問題がこじれる位置なのです。軽口が炎上に繋がる可能性もありますし、この「刺激を求めて放浪する」全体が、ものごとの終わりに関わる位置でもあるので、余計な(そして刺激的な)一言が引き金となって、人間関係が終わってしまう……とも解釈できます(最近の芸能人御夫婦のあれこれを見ていてもそう感じます)。

crucifixion

さらに今回の新月はなかなかパワフルで、地球・天王星の位置によって「どうして新しいことが起きてくれないんだろう」という力が生まれ、さらにノースノード・海王星によって「将来こうなったらどうしよう、ああなったらどうしよう」と心配する力が生じています。どちらも人間を悲しくする力ですし、これをこじらせると憂鬱に陥ると言われているのでご注意を。新月の位置と合わせると「新しいことを起こそうとして、あるいは将来を悲観して、相手に刺激を与えてどうにかしようとしたら、かえって自滅した」ということにもなりますから。冥王星も引き続き「野心の階段を公式ルートで上ることが阻まれた時、頼みの綱として裏ルートを使う」という位置にあるため、非常手段を使って刺激を与えようとするのも危険そうですね。

ただ、それだけ炎上的な力が下りて来ているということは、その力に引っ張られ、炎上させられる必要がある人がいるのかもしれません。世間を見渡しても、炎上商法のつもりが、商売にならないほど炎上して自滅してしまった人をちらほら見かけます。それはある意味、これ以上炎上商法を続けるつもりなら、二度とそれが出来ないようにここで自滅しなさいという星からのプレッシャーなのかもしれません。いずれにしろ、自戒含めて気をつけたいところです。