NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【夢日記】雨の中のバス、緑色の階段

Jam and Rain

昨夜の夢。僕は、バスに乗ってどこかへ向かっていた。車窓から見ると、空には灰色の雨雲が広がり、そのうち土砂降りになり、雷も鳴り出した。バスが停留所に到着してしばらくすると、ガイド役らしい地元の男性がバイクに乗ってやって来た。そのバイクに先導されて、バスはまた走り出し、山道に入ったと思う。

すると、いつの間にか僕はバスを下り、高架下のようなトンネルを歩いてくぐった。そこにはコンビニがあったが、おでんしか売っていない。何か災害があって商品が入荷せず、とりあえずおでんだけ売っているようだ。

Zack Green Stairwell

さらに進むと、お寺の本堂に入った。そこには天井から大きな仏画がかけられている。どうやら国宝級の代物らしい。さらに奥へ進むと、緑色の急な階段があり、僕はそれを登ろうとしたが、あまりに急だったので、最初の一段目でこけてしまい、後ろへひっくり返ってしまった。「いかんいかん気をつけないと」と思いながら、また慎重に階段を上がっていくと、目の前には、先に階段を上がっている人の背中が見えている。その人の背中は泥だらけだったので「ああ、この人もここに来るまでに、どこかでひっくり返ったんだな」と思った。階段の先は、真っ暗になって何も見えず、どんどん上がるばかりで、少し怖い気もした。05:04。

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

夢の中の「バス」は、自分の大きな潜在能力を意味するそうです。「雨」は、感情の変化や浄化。「雷」は、抑圧された感情。そういった嵐からは逃れている。「オートバイ」=バランスの取れた生活、なので、日々きっちりと生活することで、感情的な面倒には巻き込まれずにいられるということですかね。「災害」があっても、一歩引いて観察する立場でいられると。「お寺=神聖な場所」は、魂の気づき。「階段を上がる」は、正しい方向に進むこと。「緑」は、成長や癒しを表す色。ただし急な階段なので気をつけなさいと。先人も、同じように転んでいるし、そう簡単に上れる階段ではないよと。ある種のイニシエーション(通過儀礼・参入儀式)っぽいですね。

【夢日記】高校野球、切断されたiPhone

FIELD

満月直前の昨夜の夢。僕は、高校野球の投手という設定だった。甲子園大会でベスト4まで勝ち上がり、マウンドに立って試合開始を待っていた。しかし僕自身は、自分が野球が得意ではないことを知っている。よくまあベスト4まで来れたもんだなあ、でもさすがにここまでか、いやせっかくベスト4まで来たのだから勝ちを目指すか、などと考えていた。そのうち、ホームの方にいる球審だか教師が、僕にボールを投げてよこした。しかしホームとマウンドの間には、コンクリート製の谷間があり、ボールは僕の手元まで届かない。もう一球投げてもらったが、それも届かない。そして僕は『マウンドに、テーブルが必要だな』と思った。どうやら僕は、振りかぶって球を投げる時に、テーブルで身体を支えるという、妙な投法らしい。

すると、急にシーンが切り替わった。ふと手元を見ると、自分のiPhoneが、鋭利な刃物で斬られたかのように、斜めに真っ二つになっていた。うわっ、まだ買って半年経ってないのになあ、困ったなあ、と思っていると、実はその切れ目を繋げると、元通りになるという仕組みだった。ああ良かった……と思ううち目が覚めた。06:41。 

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

夢の中の「野球=スポーツ」は、人生でのスポーツマンシップを意味するそうです。ベスト4まで勝ち上がったってことは、イイ線いっているのでしょうか。野球は団体スポーツですが、マウンド上の「投手」は孤独な感じがしますね。1人で責任を負う、任される的な。「ボール」は、全体性や、心・肉体・精神の統合を表すとのこと。しかし、誰かが僕に向かって「ボール」を投げているけれど、それは僕の手元まで届いていない。やれやれ。「テーブル」は文字通り、作業スペースを意味したり、提案や決断、交渉を意味するそうです。

「電話」の夢は、どんなものでも注意を払う必要があると言われています。切れたと思っていたコミュニケーションが、また繋がるという暗示でしょうか。ホームとマウンドの間の断裂も、そんな感じですし。そして再開されるコミュニケーションが、何らかの提案や交渉を含むのかもしれません。さて、誰と何を話し合うのか……

【ヒューマンデザイン】蠍座満月:相手からの干渉を見極める

f:id:crystal0207:20180429174218j:image

今日も午後から散歩に。日暮里からスタートして谷根千方面へ向かったのですが、さすがゴールデンウィーク、いつもは静かな根津神社も大勢の人で賑わってました。ちょっと落ち着かないので上野へ向かったものの、そちらも大混雑。さらに浅草、押上、曳舟と、休憩無しで10kmほど歩くことになりました。まあ、良い運動です。

さて、明日4月30日09:58に蠍座満月となります。今回の月(と地球)の位置をヒューマンデザインのホロスコープで見てみると、「自分に干渉してくる相手を警戒する」となります。誰かと出会った場合、すぐに関係を深めるのではなく、その相手が本当に良い人なのかどうか、確かめる必要があります。この位置は、自分に対して干渉してくるような相手を見極めろという位置ですね。

ただし世の中には、正しい干渉もあるわけです。あなたのことを本当に思うがゆえに『そんなことしちゃだめだよ』と言ってくれる相手もいる。それを見抜けないと「自分に対する干渉を悪いモノだと勘違いして反応し、結果的に行き詰まる」となります。そのあたり、相手を警戒するだけでなく、自分自身の「人を見る目」も警戒してください。 

f:id:crystal0207:20180429174235j:image

また今回の満月では、太陽+火星+冥王星のつながりによって「静けさの中で真実の音が下りてくる」という力が活性化されています。これは、知的な気づきを得る力であり、知的なインスピレーションが下りてくる力です。知的なことはもちろん、神秘的なこと、秘教的なことが解ける位置でもあるのですが、その力はなかなか下りて来ません。昨日も書いたように、インスピレーションが下りてくる前には「産みの苦しみ」があるので、そのイライラから憂鬱にならないよう、注意が必要ですね。

僕自身も最近、このイライラに滅入っていましたが、3日間の散歩でイライラから離れた後、ようやく「あっ、そうか!」という答えが下りて来ました。おかげで今日は、純粋に散歩を楽しめた感がありますね。皆様も連休中、ざわざわした人ごみに行く機会が多いと思いますが、今回の気づきやインスピレーションは、音として下りてくるので、あえて静かなところに行き、「真実の声」が下りてくるのを待ってみてはいかがでしょうか。

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディング(120分 30000円)を受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。

【ヒューマンデザイン】変化が起きないイライラを超越する

f:id:crystal0207:20180428192056j:image

連休初日の今日は、お昼前からロング散歩に。途中でコメダ珈琲に寄りつつ、松戸~流山~柏と13kmほど歩いてきました。もうこの手の散歩をする時代は終わった……と以前書いたのですが、最近、いつまで経っても進まない案件があり、そのイライラを解消するために身体を動かしてきたわけです。

実は先日突入した、自分の小惑星キロン・リターンのテーマのひとつとして『突然変異しようとするが、突然変異はなかなか起きるものではなく、イライラする』『そのイライラを何かのせいにすると憂鬱に陥る』と言われています。どうやらそのテーマが、むくむくと表れてきたようで、こりゃいかんと思った次第です。

突然変異が起きない=状況が変わらないイライラに対処するには、『突然変異は、いずれ起きるものだと受け容れる』『突然変異の前には、必ず産みの苦しみがあるものだと受け容れる』のが良いそうです。そしてイライラすることから離れ、何か別のことをするのが良いと。そうすると『産みの苦しみ』を超越し、そのうち自然に突然変異が起きるとも言われています。

まあ、イライラするものから離れるというのは、仏教でも言われることですが、なかなか難しいものですね。今日も、歩き始めて小一時間ぐらいは、自分の中にまだイライラがありましたが、次第に歩くことに集中するうち、少しずつ解消されてきた感があります。とりあえずしばらくは、遊びや仕事など、イライラ以外のことに意識を向けたいと思います。しかしそれを意識的にやっているうちはまだまだで、無意識に何かに集中し、イライラを忘れるぐらいの境地になるのが理想なんですけどね。日々、修行ですわ……

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディング(120分 30000円)を受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。

【夢日記】キロン・リターン後の夢

f:id:crystal0207:20180427090726j:plain

キロン・リターンを過ぎて、夢にも何か変化があるかと思ったが、特にまだ強烈な夢は見ていない。4月24日の夜は、自宅に鰻の出前を取る夢を見た。鰻を注文したのは母親だが、代金が手元に無いので、代わりに払ってくれと言う。僕は、出前の人にお金を渡したが、そのおかげで財布の中には1000円しかなくなってしまった。おいおい、せっかくお金を貯めたのに……と思ううち目が覚めた。06:33。

夢の中の「鰻」は良くわかりませんが、「お金」は人生の変化を表すそうです。お金が無くなるような変化は困りますねえ。あるいは、お金が無くなることを無意識で恐れているのかもしれません。実は先日処分した書籍の代金がこの日振り込まれていたのですが、結構な金額になったんですよ。それが無くなるのが嫌なのかなと……

DSC00532

そして昨夜の夢。僕は、ヒューマンデザインの特別講義をするために、会場に到着した。ところが入口まで来て、講義をする日は翌日だと気づき、しかもまだ朝の06:00だった。それでも一応、会場内には入れてくれたので、明日までここで勉強でもするかと思い、机に向かった。その机の上には、ビデオカメラがあったので、手にとってみたが、使い方が分からず、また棚に戻して……目が覚めた。01:34。

夢の中の「ビデオカメラ=映画」は、自分の人生を意味するそうです。自分の人生を記録して理解する方法は分からない。それはそれでいい。過去のことも、先のことも分からなくてもいい。とりあえず勉強なり講義に集中しろってことですかね。

まあ、今のところ、夢領域にも特に変化無しということで。

【ヒューマンデザイン】キロン・リターン:人生の振り返り

f:id:crystal0207:20180424193023j:image

本日10:03、自分自身の小惑星キロン・リターンを迎えました。小惑星キロンは、太陽の周囲を約50年かけて一周しますが、誕生時の位置にキロンが戻ってくることをキロン・リターンと呼びます。ヒューマンデザインでは、このキロン・リターンの時期こそ、人間の開花期だとしていますが、特にそれが人生最大の転機になるという人も一定数います。僕自身もその一人であり、ここからが人生の本番です。このキロン的な人たちは、30~40代は人生の屋根に上がって客観性を磨き、キロン・リターン以後、屋根から下りて他の人たちのお手本になり、それに失敗すると早死にすると言われています。かなりリスキーな転機なのですが、さてどうなることやら……

とりあえずキロン・リターン以後の安全を願って、明治神宮にお詣りに。

f:id:crystal0207:20180424193113j:plain

清正井でも、手と石のブレスをお清めしてきました。

f:id:crystal0207:20180424193039j:image

しかし表参道の街も、2011年~2014年あたりは良く来ていたのですが、最近はとんとご無沙汰です。あの頃、よく通っていたお店も今では無くなりました。それを思うと、ほんの7~4年前なのに、もう随分、昔のように感じますね。自分の人生後半=ウラヌス・オポジション(天王星半回帰)は、この街から始まったようにも思います。 

f:id:crystal0207:20180424193139j:image

北参道を通って、代々木方面へ。

f:id:crystal0207:20180424193149j:image

代々木は、高校3年生~一浪時代に予備校に通っていた街です。30年以上前の、1986年~87年あたりのお話。予備校帰りにゲームショップに寄り道してたのが懐かしい……

この後、新宿もぶらつきましたが、新宿によく来ていたのは、1994~1996年ぐらいでしょうか。西新宿のレコード屋さんで、ロックの廃盤CDを漁っていた頃です。あの頃に集めた、1000枚近いCDも、今ではすべて処分して、手元にはもう1枚もありません。当時のCD収集熱が、ちょっと虚しく感じますねえ……

f:id:crystal0207:20180424193201j:image

この後、新宿御苑前まで歩いて、16:00オープンのクラフトビールのお店、Highburyさんに入りました。なぜこのお店に来たかと言えば、イギリスのビール醸造所(ブルワリー)、ソーンブリッジが出しているキロン(カイロン)というペールエールが飲めるからです。キロンリターンにキロンを飲む。まあ、僕はあまりお酒は飲めないので、ハーフパイントで十分でしたが、柑橘系のさわやかなエールでした。

f:id:crystal0207:20180424193218j:image

キロンを飲み終わった後は、酔い覚ましに市ヶ谷方面へ。実はこの界隈、1998年に1年間だけ、サラリーマンとして通っていた街なのです。ちょうどサターン・リターン(土星回帰・1998年3月)直後の時期ですね。4月に入社したものの、7月には作家デビューが決まり、二足のわらじはとても無理と判断し、1999年3月に退社しました。そう考えると、サターン・リターンも、サラリーマンから作家になるという、大きな転機でしたね。あれからもう20年。これまた遠い記憶の彼方にあって、まるで前世のように感じます。

f:id:crystal0207:20180424193226j:image

そして市ヶ谷に到着。ここは、作家時代の思い出がある街です。2000年代前半は、出版社の忘年会・新年会が毎年、市ヶ谷のホテルで催され、二次会も市ヶ谷近辺の居酒屋さん、というのが定番でした。今ではもう出版関係とは、つき合いが無くなりましたが、あの頃から10年以上経っているというのも、感慨深いですね。

キロンの影響が強い人は、キロン・リターン以降、別の人生を送ると言われています。僕も、学生、サラリーマン、作家と、いろいろな人生を経てきましたが、それとは別の人生がここから始まるのでしょう。それが実際どうなるかは分かりませんが、そういった人生の転機があるのだと、ヒューマンデザインの知識で知ったうえで経験する人も、ごく少数だと思います。そういう意味では、自分は運の良い人かもしれません。後は、キロン・リターンのお手本を示せるかどうかですね。ここからが本番です……

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディング(120分 30000円)を受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。

【ヒューマンデザイン】冥王星逆行:最後の「アルファオメガ=始まりであり、終わりの時」へ

f:id:crystal0207:20180423171752j:plain

今日から、冥王星が逆行に入ります。ヒューマンデザインのホロスコープで見ると、冥王星は、3月6日23:44から「真実の音」「オカルト知識」に入り、今なお「オカルト知識」にあります。ここは、オカルト的な秘教によって真実を見いだそうというプレッシャーがかかる位置です。冥王星は、隠された真実を暴く星ですので、オカルト的な知識を知ることで、自分の隠された真実を知ったり、そのプレッシャーから錯乱するとも解釈できます。ある意味、パンドラの箱が開くようなものですね。

その冥王星「オカルト知識」で逆行するということは、もう一度、真実を見直せという意味でしょうか。冥王星はこの位置に、6月11日02:20まで滞在しますが、僕自身で言うと、今日から6月11日までの間に3回(東京・旭川・東京)、インカネーションクロス(人生の目的)の特別講義を行う予定です。クロスのテキストは、今までダイジェスト版しか存在しなかったので、完訳版のテキストを用いて行うその講義が、ある意味、真実の暴露になりそうな気もします。『本当はこうだったんですよ』と。そして講義に先立つ、今週末27-28日には、僕が訳した完訳版のテキストが入門コースで配布される予定です。それが「オカルト知識」の暴露の始まりかもしれませんね。

さらに冥王星は、6月11日以降、ひとつ前の「野望」に戻ります。そして9月9日06:46、「野望」の中でも「アルファオメガ=始まりであり、終わりの時」まで逆行し、順行に戻るのです。この位置は、ヒューマンデザインの384ラインの中でも、最も神秘的な位置だと言われています。ある種の下克上や、急激な成り上がりや転落、支配階層の入れ替わりが起きる位置だと言われています。すでに冥王星は、2017年から2018年にかけて3回「アルファオメガ」に入っていますが、これが4回目にして、今回最後の冥王星「アルファオメガ」期です(次に冥王星がアルファオメガに入るのは、約247年後)。

ちなみにここまでの冥王星「アルファオメガ」期は……

・2017年1月30日19:49~3月5日16:33まで。

・2017年6月8日02:08~7月18日07:21まで。

・2017年12月6日01:42~2018年1月4日04:51まで。

・2018年9月9日06:46~2018年10月23日07:27まで。

……となっています。まあ、昨年を振り返ってみれば、たしかに新旧勢力の対立が各分野で見られたわけですが、その最後の総仕上げに向かって、今日から冥王星が逆行するというイメージですね。いや、まさに神秘的な動きですよ。

そしてその冥王星が、始まりと終わりに向かって逆行し始めた翌日、つまり明日4月24日10:03に、僕自身が、人生最大の転機である小惑星キロン・リターンを迎えます。これもよく考えると、どうしてまたこのタイミングでキロン・リターンなんだろうとか思うわけですよ。僕自身、冥王星逆行生まれですし、ヒューマンデザイン的に見ても、冥王星からの影響が一番大きいと出ています。僕自身のキロン・リターンも、4回目の「アルファオメガ」で、その全貌が見えるのかもしれませんね……

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディング(120分 30000円)を受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。