NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】天王星「面倒を見る」へ

The sun, planets and major moons (2560 res!)

本日7月1日15:47、天王星「産みの苦しみ」から「面倒を見る」という位置に入りました。「産みの苦しみ」とは、突然変異的なことが起きる前触れでした。新しいことが起きて欲しいのに、なかなか起きてくれない、焦れったさの位置です。しかしその焦れったさ=「産みの苦しみ」を受け容れないと、突然変異は起きないと言われています。天王星は、今年3月11日から「産みの苦しみ」にあったので、ここ4ヶ月ほどは、天王星らしい突発的で、通常のルールを超越したり、想定外の「産みの苦しみ」を経験された方もいらっしゃるかもしれません。

しかし天王星は、今日から9月14日まで「面倒を見る」に滞在します。そしてまた「産みの苦しみ」に戻り、来年2019年4月14日から再び「面倒を見る」に戻ります。そこから再来年2020年5月14日まで、1年以上にわたって「面倒を見る」期間が続きますので、今日から9月14日までの天王星「面倒を見る」シーズンは、あくまで来年4月以降の予告編とも言えるでしょう。

DSCF8895

さてこの「面倒を見る」ですが、その名の通り、病気のお世話を指す場合があります。天王星との組み合わせですから、突発的に誰かが病気になるとか、想定外の人物が倒れてその「面倒を見る」時期とも読めます。また突発的に、想定外の人物から『あなたの面倒を見てあげますよ』と言われるパターンもあるでしょう。

しかし「面倒を見る」という行為の根底には、『まず自分自身の面倒を見てあげる』『自分自身が健康でなければ、他人の面倒は見れない』というテーマがあります。ですので、他人だけでなく、自分自身の「面倒を見る」を見る場合もあると。

さらに「面倒を見る」には「気を遣う」「気配りをする」という意味もあります。この「気配り」が、仕事にしろ趣味にしろ人間関係にしろ、あらゆる人間の活動のクオリティを上げると言われています。これからの時期は、今まで想定しなかった「気配り」を取り入れることで、さまざまな活動の質を高めていけるかもしれません。

僕個人で言うと、この「面倒を見る」が、小惑星キロン・リターン(49歳の転機)のテーマなので、いよいよそこに天王星が入り、そのテーマも活性化するのでは?と思っています。もしかすると周囲の誰かが突然、病気に倒れるようなことも予測されますが、それも、今年9月14日までが予告編で、本番は来年4月14日かもしれません。

いずれにしろ、要注目ですね。

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディング(120分 30000円)を受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。

【日常】梅雨明けとビジネスバッグ

f:id:crystal0207:20180629175343j:image

今日は、観測史上初となる6月中の梅雨明けだそうで。暑いのは大の苦手なので、早めに夏が来るのは、ちとキツいですね。早く秋にならないかなあ……と言いつつ、午後から買い物に出ました。地元の葛飾八幡宮にもお詣りしつつ。

f:id:crystal0207:20180629175358j:image

さらに船橋大神宮にもお詣りし、ぶらり、ららぽーとへ。最初はただぶらつくだけの予定でしたが、ふと『そうだ、前々から欲しかったA4サイズのビジネスバッグを買おう』と思い立ち、突発的に購入。リーディングの際に持っていく、Surface Proもイイ感じに収まりそうだし、お散歩バッグにも使えそうです。これからの主力に決定。

そしてそろそろ、解析ソフトMaia Mechanics Imagingもアップグレードしようかと思ったり。なぜか妙に、仕事回りにお金を使おうと思い始めているのは、仕事関係でそれが必要になるよという予感からでしょうか。今日のバッグ購入も突然ひらめいたし、これも何かの準備なのかもしれませんね……

【ヒューマンデザイン】山羊座満月:訂正中毒にご注意 + 火星逆行:エゴが代償を支払う

Lightning strikes

明日6月28日13:53、山羊座満月となります。今回の満月(と地球)の位置を、ヒューマンデザインのホロスコープで見てみると「社会を訂正する電気的なエネルギーを出すけれど、それを自分のためだけに解放する」という位置です。この位置は、社会の間違いを訂正するエネルギーですが、社会から求められて解放すると、上手く機能します。ところが、それを自分のためだけに使ってしまうと、周囲から『いやいや、自分だけじゃなくてさ……』と思われるわけですな。

そしてここは「訂正中毒」(社会や他人の間違いを正して、それに悦びを覚え、訂正することに夢中になってしまう)の位置でもあるので、妙な社会正義を持ってしまったり、ポリティカル・コレクトネスを振りかざしてしまう場合もあるので、ご注意を。その訂正エネルギーは、社会や他人が必要としているところに注入しましょう。

Ego

また本日から、火星が逆行を開始しました(今はまだ留状態ですが)。火星は現在「家族や仲間への奉仕」という位置にありますが、ここから逆行するということは、家族や仲間への奉仕を見直せという意味でしょう。

そして火星は、8月27日まで逆行を続けますが、「私利私欲に走ったエゴが、制限を無視した代償を支払う」という位置まで戻ることになります。なかなかキツい位置ですねえ。ここは、世の中の様々なルールや制約に対して『こんな制限はもう嫌だ!俺はこんな制限を無視するぜ!』と言うのですが、そこには『この制限を無視したら、俺は自由になれるだろう、好きにやれるだろう』という甘い希望があります。しかし、ひとつ制限を無視しても、また別の制限が出てくるものです。結局、何らかの制限を受け容れるまでは、いつまで経っても制限に絡め取られるのです。そして自分のエゴに従って制限を無視した者は、自分のエゴに殉ずることになる……むむーん。8月末に、だれが代償を支払うのか、見物ですねえ。

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディング(120分 30000円)を受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。

【夢日記】生徒につられて教室に入る

Ensley HS classroom

昨夜の夢。僕は、見知らぬ学校の渡り廊下にいた。ふと見ると、校庭にいた高校生ぐらいの生徒たち(数十人)が、一斉にどどーっと校舎に駆け込み、着席していく。僕は『まだ授業は始まっていないのに、ずいぶん気が早いなあ』と思いつつも、教室に入った。教室には、ヒューマンデザインの新しいテキストが用意されていて、僕は、どれから読もうか悩み始めた。その教室には、ヒューマンデザインを学ぶ仲間もいたが、みな宿題のレポートを出していないと言う。僕はもう出したからいいや……と思ううち目が覚めた。04:49。

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

夢の中の「学校」「教室」は、人生の学びの場を意味しますが、「まだ授業は始まっていない」という感覚が強かったですね。実際そうなのでしょう。ただ、生徒たちの勢いが凄かったので、それにつられて自分も教室に入った感はありました。自分はその気では無かったけれど、どこかにそういった強い熱意を持った人たちが集まっているのでしょうか。そして昨日に引き続き「レポート」という言葉が出てきましたが、これを「課題」として捉えると、人生の課題に誰も取り組んでいないってことですかね。ちょっと困った事態になりそう……(^_^;)

【夢日記】アゼツライト、出さなくていいレポート

f:id:crystal0207:20151016194637j:plain

6月22日夜の夢。僕は、アゼツライトのビーズ(8mm大)が連なったネックレスを手に取った。そのネックレスを持ち上げると、全体がビカビカと光り始めた。すると突然シーンが変わり、僕は見知らぬ街角で、外国人男性に声をかけられた。僕は自分のことを『旅行者向けのもの書き(ライター)だよ』と紹介した。07:25。

夢の中の「石」は、強さや基盤を表すとのこと。アゼツライトは、僕も以前から持っていますが、かなり秘教的な石ですね。実際、ヒューマンデザインを知ったのも、アゼツライトを買ってから一週間後のことですし、自分的には「導きの石」だと思っています。

DSC_0232

昨夜6月24日の夢。僕は、家族と東京ディズニーランドに行くことになった。ところが、手元に入場チケットはあるものの、アトラクションに乗るチケットは無い。まあ、園内に入って食事するだけでもいいかと思いつつ、ロープウェイに乗って現地に着き、食堂のようなところに座って、一人で本を読み始めた。しばらく経って、そういえば家族には自分がここにいることを伝えてなかったな、それにしばらく携帯もチェックしてないなと思い、スマホを見てみると案の定、家族から『今どこにいるの?』とメールが入っている。返事をしようとすると、今度は直接、電話がかかってきた。しかし相手は、知り合いの男性で『あのレポート出しました?』と訊いてくる。僕は『あのレポートは、1年前の話だし、今さら出す必要なんてないよ』と答え……目が覚めた。05:51。

夢の中の「遊園地」は、リラックスすること。でも入場チケットはあるけれど、アトラクションチケットは無かったってことは、リラックスしてもいいけど遊んじゃだめってことですかね。「誰かからの電話」は、導きからの伝言。そして「電話」の夢は、とても重要だと言われています。実は今月、仕事のレポートを一本送ったのですが、自分でも『これ、本当は出す必要なんてないよなあ』と思っていたところです。実際そうなんでしょうね。まあ、すでに出してしまったし、それは別に損でもないのですが、そのあたりに何かあるのかもしれません……

【ヒューマンデザイン】「The Meaning of Your VARIABLE in Your Life」

f:id:crystal0207:20180622192538p:plain

IHDS(International Human Design School)サイトで、電子テキスト「The Meaning of Your VARIABLE in Your Life(人生でのバリアブルの意味)」を購入しました。65ページ、20ドルなので、テキストとしては薄めです。

本書は、バリアブルに関するテキストですが、バリアブルとは、ヒューマンデザインのチャートで表示される、4つの矢印⇨のことです。バリアブルという言葉自体には、変わりやすい、変動する、変数、不定の、可変の……といった意味がありますが、日本公式の訳語もまだ定まっていないので、とりあえずここではバリアブルと称しておきます。

このバリアブルは、個人の認識……つまり、その人が周囲の世界をどう見ているか等々を表すものです。ヒューマンデザインの上級コースである、レイヴ心理学でもこれを基準にするため、そろそろ手元に置いて、翻訳する準備をしようかと思っております。 

f:id:crystal0207:20180622192724p:plain

バリアブルは、4つの矢印で表されますが、左右の向きで意味が異なっており、16の組み合わせが存在します。このテキストでは、その16の組み合わせの意味とその違いを解説しているので、上級コースに挑む前には、是非読んでおきたいところです。ちなみに僕自身のバリアブルは右右右左」です(赤と黒にも意味があります)。

まあ、上級コースは日本国内では開講されていないし、海外のオンラインクラスを受けるしかないのが現状なのですが、日本時間で深夜帯の開催が多いので、オンラインを受けるのもハードルが高いんですよね。とは言え、その内容も知りたいので、とりあえず文字情報として入手できるモノは、集めておきませんと……

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディング(120分 30000円)を受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。

【ヒューマンデザイン】海王星逆行:時代遅れの郷愁が暴かれる

neptune1

本日6月19日朝から、海王星が逆行に入りました。海王星は、11月25日まで逆行を続け、来年2019年3月に現在の位置まで戻って来ます。海王星はベールに隠す星ですから、逆行中は海王星が示すテーマが暴かれる、ベールが剥がされるとも解釈できます。

海王星は昨年2月から、ヒューマンデザインのホロスコープ上で「完成した後」にあります。この位置は、ものごとが「完成した後」でも、まだやれることがあるんじゃないか?と、論理的に疑う位置です。その将来像が海王星のベールに隠されてきたわけですが、昨年の逆行時と同じく、それが露わになるのかもしれません。

特に現在、海王星「完成した後」の中でも「古い郷愁(ノスタルジー)を手放す」という位置にあります。「古い郷愁」とは、言うなれば『昔は良かった』という意味です。『あの頃は良かった』とか『✕✕時代は良かった』ということを「完成した後」になっても思うわけですが、それが未来においても正解かどうかは分かりません。もう新しい形が完成したのだから、「古い郷愁」が時代遅れになったことを悟る時期かもしれませんね。

またこの位置には「実はそれは昔からありましたよ」という意味もあります。何か新しく革命的なモノが脚光を浴びた時、誰かが「実はそれは昔からありましたよ」とか「実はそれはあの人がもうやってましたよ」とか言うのです。つまりここ最近、脚光を浴びた新しいものが、実は古いものだったとか、本来の形はこうだったとベールが剥がされるのかもしれません。個人的には、海王星に暴いて欲しい、時代遅れな案件があるのですが、それが本当に暴かれるかどうか、来年3月まで観察したいと思います(^_^)

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディング(120分 30000円)を受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。