NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

夢日記

【夢日記】池袋、庭先の泥棒、カメレオン

獅子座日食前後の夢をまとめてメモ。まず8月9日夜の夢。僕は、池袋駅にいて、これから所沢に向かう予定だった。しかし電車に乗る前に、駅構内の古書店に入ると、知り合いの編集者さんがいる。僕はその人と歴史の話をしようとして……目が覚めた。06:56。 相変…

【夢日記】完成した駅、戦闘準備完了、下北沢へ

昨夜の夢。僕は、見知らぬ駅のプラットホームにいた。駅は、たった今ようやく完成したばかりで、線路の脇には『月6-4891』と書かれたプレートがはめ込まれたオブジェが立っていた。工事関係者の人たちは『良かった良かった』『月が昇る前に完成が間に合って…

【夢日記】お城へ、駅へ、京都へ、そしてお酒を売る

今週の夢いろいろ。まず7月23日朝方の夢。僕の目の前には、女優の天海祐希さん似の女性がいて『私は、自分を守ってくれる人(男性)が欲しいのよ!』と力説している。僕は『それって、自分の盾になってくれる人が欲しいってこと?』と問いかけると、その女性は…

【夢日記】隠されていたUFO

昨夜の夢。僕は、見知らぬ街の通りにいた。誰かがアスファルトの上に何か白い粉末を蒔くと、その表面にうっすらと、奇怪な紋様が浮かび上がってきた。それを見て、咄嗟に僕は『あっ、この地面の下にUFOが埋められている!ここにあったんだ!』と気づいた。 …

【夢日記】時空を旅するサムライ、石と泥の道

昨夜7月19日の夢は、かなり長く記憶している。それだけ印象が強かったらしい。 まず僕は、何かの探索の旅から帰ってきたサムライという設定だった。どこかの神社に帰ってきた僕は、旅の手土産を、神主らしき人に手渡した。するとその神主は、ご褒美なのか、…

【夢日記】目的を奪われるな

7月6日夜の夢。僕が、書店員として働いていると、店長が『万引きに注意しろ』と言う。書棚を見ると、自分の好きな本が収まっているはずのスペースがごっそり空いている。でもまあ、誰か買っていったのかもしれないなと思いつつ、僕は近くのレコード屋さんに…

【夢日記】鏡の中の別人、緑の谷を越える

7月4日夜の夢。僕は、自転車に乗って、駅前まで雑誌を買いに出かけた。ふと駅ビルのトイレに入って鏡を見ると、本来の自分とは似ても似つかぬ男性の顔が映っている。その人物は、本来の自分より背が高く、髪の毛も伸びている。僕はその顔を眺めながら、なぜ…

【夢日記】生徒につられて教室に入る

昨夜の夢。僕は、見知らぬ学校の渡り廊下にいた。ふと見ると、校庭にいた高校生ぐらいの生徒たち(数十人)が、一斉にどどーっと校舎に駆け込み、着席していく。僕は『まだ授業は始まっていないのに、ずいぶん気が早いなあ』と思いつつも、教室に入った。教室…

【夢日記】アゼツライト、出さなくていいレポート

6月22日夜の夢。僕は、アゼツライトのビーズ(8mm大)が連なったネックレスを手に取った。そのネックレスを持ち上げると、全体がビカビカと光り始めた。すると突然シーンが変わり、僕は見知らぬ街角で、外国人男性に声をかけられた。僕は自分のことを『旅行者…

【夢日記】奪われた変化、空港へ

6月8日夜の夢。僕は、薄暗い部屋で、仕事の話をしていた。目の前には、知り合いのKさん(男性)がいて『ユカリさんたちに騙された』と言う。どうやら会社の会計を任せていたユカリという女性たちに、会社のお金を横領されたらしい。僕は『それ警察に届けるレ…

【夢日記】神社でくつろぎながら本を読む

6月1日夜の夢。僕は、友人たちと初詣に来ていた。見知らぬ神社の境内を歩くうち、ふと昭和な雰囲気の居酒屋が目に留まった。僕らは、中に入って一杯やろうと思ったが、あいにくあと30分ほどで閉店時間だ。それでも店主は『閉店した後も飲んでていいよ』と言…

【夢日記】久しぶりに「乗り換え」の夢

一時期、電車に乗り換える夢ばかり見ていたが、昨夜は久しぶりに「乗り換え」の夢を見た。僕は、モノレールのような列車の先頭に乗っていた。車窓から見ると、レールはまるでジェットコースターのように急角度で上昇し、列車もそのまま上がっていく。そして…

【夢日記】沼に立つ人、川の津波

またここ数日、強烈な夢を見るようになった。 5月26日夜の夢。僕は、近所に住む友人宅へ向かっていた。しかし友人宅があるはずの敷地は、田んぼか泥沼のようになっていて、家屋はどこにもない。そこに友人が一人で立っていたが、声をかけても、まったく返事…

【夢日記】ドライスーツと爆弾

昨夜の夢。僕は、見知らぬ仲間と一緒にドライスーツを着て、船を爆破しに行くことになった。しかし僕が隠れたのは、水の中ではなく、線路の脇だった。そのうち船だか列車だかか来たので、仲間はそれに爆弾を仕掛けたが、僕が持っていた爆弾はどこかへ消えて…

【夢日記】雨の中のバス、緑色の階段

昨夜の夢。僕は、バスに乗ってどこかへ向かっていた。車窓から見ると、空には灰色の雨雲が広がり、そのうち土砂降りになり、雷も鳴り出した。バスが停留所に到着してしばらくすると、ガイド役らしい地元の男性がバイクに乗ってやって来た。そのバイクに先導…

【夢日記】高校野球、切断されたiPhone

満月直前の昨夜の夢。僕は、高校野球の投手という設定だった。甲子園大会でベスト4まで勝ち上がり、マウンドに立って試合開始を待っていた。しかし僕自身は、自分が野球が得意ではないことを知っている。よくまあベスト4まで来れたもんだなあ、でもさすが…

【夢日記】キロン・リターン後の夢

キロン・リターンを過ぎて、夢にも何か変化があるかと思ったが、特にまだ強烈な夢は見ていない。4月24日の夜は、自宅に鰻の出前を取る夢を見た。鰻を注文したのは母親だが、代金が手元に無いので、代わりに払ってくれと言う。僕は、出前の人にお金を渡したが…

【夢日記】夜の駅と重症患者たち

昨夜の夢。僕は、誰かが漕ぐ自転車の荷台に座って、夜の街を走っていた。そのうち、自分が向かっている駅が近くなったので、漕ぎ手の男性に『そろそろ降りるよ』と告げた。僕は、自転車を降りて、駅に向かって歩き出しながら、もう深夜だし、まだ最終電車に…

【夢日記】夜の門をくぐり抜ける

昨夜の夢。僕は、夜になってから自宅に帰ってきた。自宅と言っても、実際の自宅とは違い、大きな門のあるお屋敷だった。その門に近づくと、暗がりの中、ごそごそと動く気配がある。僕は、怪しい奴!と思い、その気配に体当たりしたが、そこには誰もいなかっ…

【夢日記】不必要な傘、一人だけの特殊任務

4月5日、午前中に少しうとうとした時の夢。僕は、街中を長距離を歩く競技に参加していた。もう、ゴールしている参加者もいるのに、自分はまだコースの途中にいる。ずいぶん遅れたようにも感じるし、ずっと止まっていたような気もする。ふと気づけば、手には…

【夢日記】圧倒的混乱、すべり台、乳母車、政治集会

4月2日。30分ほど、うとうとと昼寝をしていた時に見た夢。僕は、以前勤めていた書店で、誰かと立ち話をしていた。そこへ上司が通りかかり、『もう圧倒的な混乱が始まっているからな』と言い残して去って行った。その一言にビクッとして、目が覚めた。14:04。…

【夢日記】地下にある、古びた古書店

昨夜の夢。僕は、京王線のような、見知らぬ地下鉄の駅に向かっていた。しかしその駅は工事中で、朝もまだ早いらしく、中には入れなかった。しかし駅の工事現場は、古書店と繋がっていたので、駅が開くまで、その店に入って時間を潰すことにした。その店は、…

【夢日記】満席のイタリア料理店

最近も、夢は見ているけれど、どれも短くて、あまり印象に残らない夢ばかりだった。昨夜の夢は、見知らぬイタリア料理店に入っていく夢だった。僕は、空いている席を探したが、あいにく店は満席で、どこにも座れない。仕方なく、階段を下りて店から出る……と…

【夢日記】珠理奈、夜の豹、B.B.KING

松井珠理奈ファースト写真集 Jurina 作者: 松井珠理奈,渡辺達生 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2015/09/09 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (7件) を見る 3月9日夜の夢。僕は、夢の中で朝8時に目を覚ました。早く学校に行かなく…

【夢日記】四輪自転車でサイクリング

昨夜の夢。僕は、見知らぬ駅のホームで、知り合いらしい人たちと電車を待っていた。入線してきた電車に乗ると、連れたちは誰も乗ってこない。僕は、ガラガラに空いていた席に座り、どこかへ向かった。車内には、タモリさん似の人がいたかもしれない。 シーン…

【夢日記】青いレモン、黄色い糸

3月6日の夢。僕が見知らぬ街を歩いてると、後ろから誰かに呼び止められた。その人は『種無しのレモンが出来たのでどうぞ』と言い、青っぽいレモンを渡してくれた。皮を剥いてみると、中の果肉も青みがかっていた。するとその人の背後に、また見知らぬ人たち…

【夢日記】反面教師、アルバイト、クリーニング店と雨

2月26日の夢。僕は、見知らぬ教室を覗いていた。そこでは、キツい顔の女性教師が教壇に立っていたが、どうも宜しくないことを教えているらしい。僕は、その女に向かって『お前なんて辞めてしまえ!』と叫んだ。するとその女が、鬼のような形相で襲いかかって…

【夢日記】緑の井戸、伊集院さん、出港

昨夜の夢。僕は、だだっ広い倉庫にいた。そこには幾つもの棚が並んでいて、何だか分からないモノが沢山置いてある。さらに100人ぐらいの人が、床に寝そべっていて、僕も床に横たわっていた。すると誰かが近づいてきて『井戸はどこだ?』と言う。僕は、倉庫の…

【夢日記】芝居のキャスティング、TRPG

昨夜の夢。僕は、見知らぬ芝居の稽古場に入って行った。目の前には、演出家らしい男性がいて、僕を見るなり『市川、18日までの3日間、お前で決定』と言う。つまりそこまでの期間、僕は何らかの役にキャスティングされたようだ。僕は『よしっ、やった!』と…

【夢日記】山の上のお寺、バリ島、ハワイ

誕生日前夜の夢。僕は、修学旅行なのか、男子学生ばかりの部屋でザコ寝をしていた。朝6時頃に目が覚め、窓を開けると、山の上の方にお寺が見えた。部屋を出発するのは11時だからまだ時間あるよな、朝の散歩ついでにあのお寺まで行ってみるかと思い、部屋を…