NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

夢日記

【夢日記】雪道のバス、退職、表参道の石屋さん

11月19日夜の夢。僕は、友人のY君とバスに乗っていた。バスは、真っ暗なトンネルを走っている。Y君は、壊れたカメラを持っていて、あと残り4枚しか写真が撮れないと言う。そのうちバスがトンネルを抜けると、あたりは真っ白で何も見えなかった。大雪なの…

【夢日記】ヒョウvsヘビ、廃校、地震、酒浸り、墜落

昨夜の夢。僕は、見知らぬ夜の街を歩いていた。ふと見ると、街角でヒョウとニシキヘビが戦っている。ヒョウは噛みつき、ヘビは締め付け、こりゃ巻き添えを食ったらまずいと、あわててその場を離れた。 【向井地美音】 公式生写真 AKB48 ジャーバージャ 劇場…

【夢日記】コント作家のアドバイス

11月8日夜、ちょうど木星が射手座に移った直後の夢。僕は、大きなホテルにいた。どうやらそのホテルでは、これからお笑いコントのコンテストが開催されるようだ。僕は、コント作家という設定らしく、モデルのローラさんに似た女性に『ネタ帳を作りたいから、…

【夢日記】追悼ライヴ、仕事をしない店主

ムッシュー~かまやつひろしの世界 アーティスト: かまやつひろし 出版社/メーカー: SOLID 発売日: 2016/08/24 メディア: CD この商品を含むブログ (1件) を見る 昨夜の夢。僕は、見知らぬ建物の階段を上がってた。すると背中に、5歳ぐらいの男の子が飛び乗…

【夢日記】ヤマタノオロチ、さや姉、4月24日

やまたのおろち (復刊・日本の名作絵本 1) 作者: 羽仁進,赤羽末吉 出版社/メーカー: 岩崎書店 発売日: 2002/03/15 メディア: 大型本 クリック: 65回 この商品を含むブログを見る 10月26日夜の夢。目の前に、ヤマタノオロチのような、首が何本もある竜が現れ…

【夢日記】割れた風船、空を飛ぶモノ

10月20日夜の夢。僕は、以前勤めていた書店で働いていた。なぜか上司に『あれはダメ、これもダメ』と言われ続け、ああもうやってらんねーわー、辞めてやる!と叫ぶとシーンが切り替わった。今度は、電車の中にいて、近くで風船が割れた。06:07。 夢の中の「…

【夢日記】袋の中のネコ

昨夜10月12日の夢。僕は、見知らぬ人たちと、見知らぬ建物の中にいた。他の人たちは、上の階に行こうとして階段に向かったが、僕は狭いエレベーターに一人で乗った。上の階に着くと、僕は手に持っていた猫のエサのパック袋を開けた。そしてそこから出したエ…

【夢日記】空港にて:あれから2ヶ月経ちました

昨夜10月9日夜、天秤座新月の夢。僕は、空港にいたが、飛行機は出発が遅れていた。どうやら乗客の中に犯罪者がいて、その人を逮捕するのに時間がかかっているようだ。僕は、見知らぬ女性と一緒にいたが、ふと『あれから2ヶ月経ったなんて信じられないな~』…

【夢日記】出発前のカフェ、到着後の旅館

9月後半からの夢を記録していなかったので、まとめてメモ。 9月23日。金沢旅行から帰ってきた夜。夢の中で、アニメ「銀河鉄道999」の曲が流れている。しかし歌詞の一部が『魔術は変わる~♪』に変わっていた。05:15。目が覚めた後、人生にかかる魔法が変わる…

【夢日記】握手、フクロウ、中央線

9月15日うたた寝中の夢。僕は、会社の面接会場にいた。席に座ると、対面にいた面接官の女性が『ペットボトルは持ってきましたか?』と言う。僕が、カバンから空になったペットボトルを出すと、女性は苦笑して『そーですよねー、メルマガ取ってないなら、ご存…

【夢日記】答えを出す時期、宮脇咲良さん、感覚性の解放

9月4日夜の夢。僕は、女性という設定で、暗い夜道を見知らぬ男性と歩いていた。ふと夜空を仰ぐと、雲間から、ぼんやり月明かりが見えている。それを見ながら僕は(私は)『そろそろ答えを出す時期じゃないかなあ』とつぶやいた。すると横にいた男性が、その言…

【夢日記】蛇口、ナギナタ、サバイバルゲーム

8月30日夜の夢。僕は、見知らぬ職場でデスクワークをしていた。僕は、周囲の誰かに『目新しい日々ばかり過ごしている人なんて誰もいませんよ』と言った。しばらくすると、シーンが病院に切り替わり、水道の蛇口から水があふれ出していた。僕はそれを手で抑え…

【夢日記】強風と傘、レストランとボードゲーム会

引き続き、夢を多く見る期間、継続中。8月27日夜の夢。僕は、傘をさして街を歩いていた。すると、もの凄い強風が吹いてきて、傘が風に持って行かれそうになった。その後、学校に着いて朝礼には出たものの、授業には出ず、一人でアパートのトイレに入った。そ…

【夢日記】レインボーブリッジ、笑福亭鶴瓶、一本の糸

最近、本当に良く夢を見る。そういう時期なんだろうな。昨夜の夢には、漫画家の手塚治虫先生が出てきた。僕は、手塚先生に本を差し出して、サインをもらっていた。すると手塚先生が『何か悩みはある?』と訊いてくる。僕が『うーん、まだ経済的に厳しいとこ…

【夢日記】河口と病人

7月13日からの日食・月食・日食というプロセスも終わりに近づいたのか、最近やけに夢を見る。昨夜の夢は、大きな川の河口にたどり着く夢だった。川の水深は浅く、堤防の上から眺めると、水底が透けて見えていた。川岸では、馬を洗っている人もいた。僕は、堤…

【夢日記】サイ、ジェットコースター、気づき

昨夜は、断続的に夢を3つ見た。まず最初の夢。僕の目の前には、檻に入れられた大きなサイがいた。そのサイは、体長やら体重を計測された後、檻から出されると、自然の中に飛び出していった。02:31。 夢の中の「動物」は自分を表すそうですが、「サイ」は何…

【夢日記】後部座席、洪水の街、電話

8月20日の夢。僕は、大学生という設定だった。まだ大学には入ったばかりで、履修表を見たが、どの授業をどう取れば良いのか、さっぱり分からない。マクドナルドでアルバイトも始めたが、その仕事も、習ったばかりで上手くこなせていない。慣れないことばかり…

【夢日記】池袋、庭先の泥棒、カメレオン

獅子座日食前後の夢をまとめてメモ。まず8月9日夜の夢。僕は、池袋駅にいて、これから所沢に向かう予定だった。しかし電車に乗る前に、駅構内の古書店に入ると、知り合いの編集者さんがいる。僕はその人と歴史の話をしようとして……目が覚めた。06:56。 相変…

【夢日記】完成した駅、戦闘準備完了、下北沢へ

昨夜の夢。僕は、見知らぬ駅のプラットホームにいた。駅は、たった今ようやく完成したばかりで、線路の脇には『月6-4891』と書かれたプレートがはめ込まれたオブジェが立っていた。工事関係者の人たちは『良かった良かった』『月が昇る前に完成が間に合って…

【夢日記】お城へ、駅へ、京都へ、そしてお酒を売る

今週の夢いろいろ。まず7月23日朝方の夢。僕の目の前には、女優の天海祐希さん似の女性がいて『私は、自分を守ってくれる人(男性)が欲しいのよ!』と力説している。僕は『それって、自分の盾になってくれる人が欲しいってこと?』と問いかけると、その女性は…

【夢日記】隠されていたUFO

昨夜の夢。僕は、見知らぬ街の通りにいた。誰かがアスファルトの上に何か白い粉末を蒔くと、その表面にうっすらと、奇怪な紋様が浮かび上がってきた。それを見て、咄嗟に僕は『あっ、この地面の下にUFOが埋められている!ここにあったんだ!』と気づいた。 …

【夢日記】時空を旅するサムライ、石と泥の道

昨夜7月19日の夢は、かなり長く記憶している。それだけ印象が強かったらしい。 まず僕は、何かの探索の旅から帰ってきたサムライという設定だった。どこかの神社に帰ってきた僕は、旅の手土産を、神主らしき人に手渡した。するとその神主は、ご褒美なのか、…

【夢日記】目的を奪われるな

7月6日夜の夢。僕が、書店員として働いていると、店長が『万引きに注意しろ』と言う。書棚を見ると、自分の好きな本が収まっているはずのスペースがごっそり空いている。でもまあ、誰か買っていったのかもしれないなと思いつつ、僕は近くのレコード屋さんに…

【夢日記】鏡の中の別人、緑の谷を越える

7月4日夜の夢。僕は、自転車に乗って、駅前まで雑誌を買いに出かけた。ふと駅ビルのトイレに入って鏡を見ると、本来の自分とは似ても似つかぬ男性の顔が映っている。その人物は、本来の自分より背が高く、髪の毛も伸びている。僕はその顔を眺めながら、なぜ…

【夢日記】生徒につられて教室に入る

昨夜の夢。僕は、見知らぬ学校の渡り廊下にいた。ふと見ると、校庭にいた高校生ぐらいの生徒たち(数十人)が、一斉にどどーっと校舎に駆け込み、着席していく。僕は『まだ授業は始まっていないのに、ずいぶん気が早いなあ』と思いつつも、教室に入った。教室…

【夢日記】アゼツライト、出さなくていいレポート

6月22日夜の夢。僕は、アゼツライトのビーズ(8mm大)が連なったネックレスを手に取った。そのネックレスを持ち上げると、全体がビカビカと光り始めた。すると突然シーンが変わり、僕は見知らぬ街角で、外国人男性に声をかけられた。僕は自分のことを『旅行者…

【夢日記】奪われた変化、空港へ

6月8日夜の夢。僕は、薄暗い部屋で、仕事の話をしていた。目の前には、知り合いのKさん(男性)がいて『ユカリさんたちに騙された』と言う。どうやら会社の会計を任せていたユカリという女性たちに、会社のお金を横領されたらしい。僕は『それ警察に届けるレ…

【夢日記】神社でくつろぎながら本を読む

6月1日夜の夢。僕は、友人たちと初詣に来ていた。見知らぬ神社の境内を歩くうち、ふと昭和な雰囲気の居酒屋が目に留まった。僕らは、中に入って一杯やろうと思ったが、あいにくあと30分ほどで閉店時間だ。それでも店主は『閉店した後も飲んでていいよ』と言…

【夢日記】久しぶりに「乗り換え」の夢

一時期、電車に乗り換える夢ばかり見ていたが、昨夜は久しぶりに「乗り換え」の夢を見た。僕は、モノレールのような列車の先頭に乗っていた。車窓から見ると、レールはまるでジェットコースターのように急角度で上昇し、列車もそのまま上がっていく。そして…

【夢日記】沼に立つ人、川の津波

またここ数日、強烈な夢を見るようになった。 5月26日夜の夢。僕は、近所に住む友人宅へ向かっていた。しかし友人宅があるはずの敷地は、田んぼか泥沼のようになっていて、家屋はどこにもない。そこに友人が一人で立っていたが、声をかけても、まったく返事…