NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

画集「水の女」 From the Deep Waters

水の女  溟き水より From the Deep Waters (〓.T.Classics)

水の女 溟き水より From the Deep Waters (〓.T.Classics)

 

ぶらり立ち寄った古書店で、画集「水の女」(絶版)を適価で発見。Amazon中古では高値だったので、ありがたい買い物となりました。

タイトル通り、水辺の女性画ばかりを集めた画集で、神話・伝説を題材にしたものが多く、妖女、妖精画集とも言えそうです。特にジョン・ウィリアムス・ウォーターハウスの妖精画は、どれも妖艶で、「ヒュラスと妖精(ニンフ)たち」「マーメイド」「セイレーン」あたりはその柔肌に触れられるなら、魅力に惹きこまれても溺死してもいいと思えるほど。

「嫉妬に燃えるキルケ」の怨嗟に満ちた表情も美しく、ハーバート・ジェイムズ・ドレイパーの「ケルピー」も意志の強い瞳が印象的。また「ハムレット」の恋人オフィーリアや、ヴィーナス誕生の絵画が、競作的に並べられているのも興味深く、自分の神話イメージがさらに膨らむ感も。

ウォーターハウスやラファエル前派の画集は、今でも手に入るものの、こういったコンセプトでまとめられると、また印象も変わってきますね。