NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

ドリーン・バーチュー「アースエンジェル」

アースエンジェル

アースエンジェル

  • 作者: ドリーンバーチュー,Doreen Virtue,宇佐和通
  • 出版社/メーカー: JMAアソシエイツライトワークス事業
  • 発売日: 2010/11
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 

さて、前世が妖精と言われた僕ですが(7/6の日記参照)、そのあたりを、もっと詳しく知りたくて「アースエンジェル」を購入しました。前世というものが実際あるかどうかは、ちょっと置いといて。(また置くのか)

本書では、人間社会で孤立感や疎外感を覚えている人の中に、天使、元素霊、地球外生命、魔法使いや魔女、として前世を送った人々がおり、それらの人々を、アースエンジェル=地上の天使と総称しています。

アースエンジェルの特徴は、先に述べた孤立感の他に、他者の感情や暴力に対する過敏さ、強い目的意識などがあり、癒しの力を秘め、その癒しを世界に広めるために生まれてきたとのこと。まるでRPG設定のような話ですが、社会の中で孤立感を覚えている人、という部分には自分も共感するところがあり、興味深く読んでしまいました。

自分には、妖精(元素霊)の前世や、癒しの力の自覚はまったくありませんが、「自然の中で過ごすと良い」という元・妖精へのアドバイスは気に入ったので、これからは意識的に自然を巡って、妖精らしさを取り戻そうかと思います(^_^)

実はそろそろ、高齢になった父親から、庭仕事を引き継ぐ時期に来ていて、今はまだ興味は無いものの、そのうち自分でも庭に草花を植えたり、花壇を整えたりするのかな……と、ぼんやり考えてみたり。

他にも、新しいデジカメを買い、山や森に行って写真を撮りたい願望もあり、そんな欲求も、妖精の気持ちを思い出すためなのかも……?