NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

コリン・ウィルソン「オカルト」(上下)

ひと仕事終わって、心も身体もぐったり。昨日は外出する体力もなかったので、コタツに入って寝ころびつつ、先日、三省堂の古書コーナーで買った「オカルト」(上下)を読んでいました。前から欲しかったけど、ようやく手頃な値段の文庫版が見つかったので即購入。

オカルト (上) (河出文庫)

オカルト (上) (河出文庫)

 
オカルト (下) (河出文庫)

オカルト (下) (河出文庫)

 

内容は、原始魔術からグノーシス主義カバラ、魔女、降霊術、UFO等、数千年にわたるオカルト通史であると共に、人物伝にも多くを割き、パラケルルス、アグリッパ、ノストラダムス、ジョン・ディー、カリオストロスウェーデンボリ、ブラヴァツキー夫人、グルジェフクロウリー等々、魔術的、神秘的人物の概要をざっくりと知るにも良い内容になっています。

ルドルフ・シュタイナー―その人物とヴィジョン (河出文庫)

ルドルフ・シュタイナー―その人物とヴィジョン (河出文庫)

 

ちなみに「オカルト」ではルドルフ・シュタイナーには触れず、別に著作あり。こちらも以前読みましたが、シュタイナーを過剰に美化することもなく、あくまで理性的な視線で書かれた人物伝だと感じました。良書。