NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【日常】表参道は、まるでギャラリー

f:id:crystal0207:20130213002224j:plain

昨日は、表参道へ買い物に。原宿からぶらぶら歩きつつ、ショウ・ウィンドウや広告を撮ってみたり。

f:id:crystal0207:20130213002400j:plain

f:id:crystal0207:20130213002412j:plain

f:id:crystal0207:20130213002449j:plain

f:id:crystal0207:20130213002501j:plain

f:id:crystal0207:20130213002514j:plain

正直、腕時計やブランド物のバッグ等には興味が無いのだけれど、こうして道の両側に、それぞれのお店が趣向を凝らした展示をしている道は、ファッションや広告に通じた人には、たまらない魅力なんだろうなあと。展示や広告は、飽きないように、季節によって入れ替わるし、ある意味、通り全体が、日々移り変わるギャラリーみたいなもの。もしかしたら、何気なく通り過ぎるショウ・ウィンドウの展示にも、担当の人の思い入れやこだわりが込められているかもしれないし、「いつか私も表参道店の展示を任されてみたい!」と意気込む人もいるのかも……と、想像力を膨らませてしまったのは、ある種の作家脳でしょうか。

f:id:crystal0207:20130213002642j:plain

しかしビビットな展示を行き過ぎ、青山通りとの交差点まで来ると、古書店・山陽堂さんの壁に広がる、谷内六郎氏のモザイク画がお出迎え。やっぱりこちらの方が、ホッとしますね。