NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【夢日記】バスに乗って「オブラディ・オブラダ」

http://www.flickr.com/photos/90384027@N00/2409006690

昨夜の夢。僕はデパートらしき場所で買い物をした後、友人たちとバスに乗った。バスの中には、若い女性旅行客がたくさん乗っていて、みんなで楽しそうに「オブラディ・オブラダ」を歌っている。

やがてバスは目的地に着き、僕はバスを下りた。下車した場所は芝生の生えた広場で、特に何があるワケでもない。さてここで何をしようか……と思ううち目が醒めた。08:26。

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

バスの夢を見たのは、2/7以来。「デパート」=「商店」は、多くの選択肢とチャンスが提供されることや、ものごとを見る新たなアイデア等を意味しています。

「友人」は、自分が身に付けようとしている資質。「バス」は、自分を表現するための大きな潜在能力。「乗物に乗る」は、人生の波に乗ること。「短い旅」は、自分の新しい側面を思いきって試すこと、経験、学び。「歌う」は、喜び、調和、幸福、癒し。「広場」=「開けた場所」は、方法は示され、事態は明らかになっていること。

実は昨夜、仕事にひと区切りがつき、ようやくのんびりタイムに入れたところです。勿論、次の企画も準備しなくちゃいけませんが、ちょうどリーディング依頼も無く、本当に予定がまっさらになっていて、だったらここはとことん休み、英気を養ってからまた仕事に取り組むかなと。

そんなことを思っていたので、ここから先「多くの選択肢とチャンスが提供される」「自分の新しい側面を思いきって試す」あたり、ピンと来ますね。やるべきことも判っているので「方法は示され、事態は明らかになっている」とかも。

ちなみに「オブラディ・オブラダ」には、特に思い入れが無いのです、あの曲の歌詞って「人生はまだまだ長い、人生はまだまだ続く」がキモなので、そこら辺の意味もメッセージになっていたかもしれませんね……


The Beatles - Obladi Oblada - YouTube