NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

中村元「原始仏典」

原始仏典 (ちくま学芸文庫)

原始仏典 (ちくま学芸文庫)

 

ヒューマンデザインで自分自身を分析していくうち、多くの仏教用語とも遭遇しました。ヒューマンデザインにおいて、それがどういう意味を持つかはまだ判らず、今年受講する予定のプロフェッショナル・コースで明らかになるはずですが、そもそもの意味を掴むべく、故・中村元博士の「原始仏典」を読み始めました。

本書を読むと、単なる語句の意味が掴めるだけでなく、元々、釈尊はどのように生きていたのかも、理解できるのが面白いです。特に、他人に対して思いやりを持ち、いきなり否定するようなことはせず、いったん相手の話を聞いて、理解を示した後で真実を説いて聞かせたり、いくら考えても解明できないような形而上学的な議論からは離れ、今、目の前にある問題を現実的に解決することに務める……と云ったあたり、原始仏教のカウンセリング理念を見たような気がしました。

たぶん、自分自身にもそういう心構えは必要なんだと思います。他人様に対してリーディングを行うにあたっては……