NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【夢日記】複雑すぎる路線図

昨日の夢。僕は横浜線らしき電車に乗っていた。僕は、畑に囲まれた駅で下車したが、荷物も上着も網棚に忘れてきてしまった。僕は、いったん改札を出て、ホテルのロビーで休み、どうしようか考えるうち、いつの間にか手元には荷物が戻ってきていて、僕はまた駅まで歩き始めた。

駅までは、緑に覆われた茶畑の真ん中を通っていき、駅前で、さてこれから先どこへ行こうかと路線図を眺めてみたら、まるで見たこともない複雑な路線図が書いてあって、読み解くのに苦労した。それでも、ようやく横浜に行きそうな線を見つけたところで目が醒めました。07:34

100の夢事典

100の夢事典

 

また出ました。「電車」は仕事上の進路を象徴し、「駅」は仕事上のチャンスを表しています。「手荷物」は、必要が無いのに持ち歩いている問題や考え方を、「ホテル」は成長のための可能性を示しています。いったん電車から下りたことから考えると、今の仕事からはいったん離れ、今まで持っていた考え方も手放して、ホテルでくつろぐように休むと成長できると云うことでしょうか。茶畑の「緑」も癒しや成長を意味するので、今は休んでいた方がいいのかもしれません。「お茶」にも、癒しや励まし、リラックスといった意味がありますしね。路線図はある意味、人生の地図でしょうか。やけにごちゃごちゃしていたってことは、自分自身、どの路線を行くか迷っているとか。横浜には何か意味があるのか?

とにかく「電車」「駅」「ホテル」は繰り返し出てきているので、やはりこの辺りに注意しておきたいなと。いや注意したからって、どうなるものでもないんですけどね……