NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【夢日記】テーブルの無いレストラン

http://www.flickr.com/photos/37638691@N07/8644519661

昨夜の夢。僕は、見たことも無いレストランにいた。間接照明の効いた、こじゃれた感じのお店で、すぐ傍には、やはり見たことの無い女性(ショートカット)もいたが、なんとなくその人が自分の奥さんだと感じていた。実際には独身だけど。

で、二人で椅子に座ったけれど、なぜかテーブルが無い。テーブルがあるべき場所は空いていて、これじゃ困るなあと思いつつ、僕は奥さんらしき人と椅子に座り……目が覚めました。06:42起床。

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

まず「レストラン」は、心の栄養を摂り、心を伝え合う必要性だとか。「椅子」は自分が置かれた状況。「テーブル」は、作業、食事、遊び、交渉で使うもの。テーブルが無い=栄養を摂る必要は無いため、心を伝え合うことだけが必要なのかな?

夢に出てきた「椅子」は、一流レストランにあるような、背もたれのある上質なものでした。それが今の自分の状況を表しているなら……なんだろう、くつろぎとか?

「妻」は自分の中の女性性を表すそうなので、そのあたりとゆったりリラックスしながら向き合うことが必要かもしれません。あるいは「妻」となる人と心を伝え合うとかね(超希望的観測)

※本記事中の写真はFlickerCreative Commons画像です。