NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【夢日記】書店の階段を一緒に下りる

http://www.flickr.com/photos/43053584@N00/3163636338

夕方、ちょっとうたた寝をしたら、どこか大きな書店にいる夢を見た。店の通路は狭く、最初は店内が白い煙に覆われていたような気がする。そして気がつけば、すぐ傍にSKE48/乃木坂46松井玲奈さんがいた。

松井玲奈 写真集 『 ヘメレット 』

松井玲奈 写真集 『 ヘメレット 』

 

どうやら僕と玲奈さんは、同じクラスの友達のようで、周囲には同じく学校の友達や担任の先生がいる様子だった。玲奈さんは、ハヤカワSF文庫の青い背が並ぶ棚を指さし、「これ面白いの!」と興奮気味に語っていた。

そのうち玲奈さんは、下の階へ向かう階段を下りていった。僕と先生もその後についていったけれど、玲奈さんは右脚をケガしているようで、慎重に階段を一段ずつ下りていく。下の階はコミックフロアで、玲奈さんはマンガ好きらしく、またはしゃいでいた。けれど僕は脚のケガが気になり、「病院に行った方がいいよ」と言い、玲奈さんを支えるために右手を差し出した。玲奈さんも僕の手に自分の手をのせ……目が覚めました。18:17。

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

まず書店に並んだ「本」は、自分の人生の目的を表しているそうです。人生設計の知識。重要な学びが近づいてるのだとか。特に印象深かったハヤカワSF文庫背の「青」は、精神性を表す色。「煙」は感情的な混乱を意味するので、それが晴れて、精神的な目的がはっきりするってことでしょうか?

100の夢事典

100の夢事典

 

次に松井玲奈さんですが、「100の夢事典」によると「有名人」は、才能を持った強い存在を示しているとのこと。そして僕の中にもそのような能力があり、特別それを伸ばそうとしなくても、自分や他人から認められれば、自然と開花していくのだとか。

夢のカルテ

夢のカルテ

 

「夢のカルテ」では、「有名人」と親しくなる夢を、グループの中で「有名人」のような才能を発揮したいという願望を表しているとしています。やはり共通するのは、飛び抜けた才能みたいですね。

ただ夢の中の松井玲奈さんが「階段を下りた」=間違った方向に進んだのは気になるところ。「脚」は基盤であり、地に足をつける安定性。「右脚」はエネルギーを与えることを意味するそうです。僕自身もまだ右脚をケガしていますし、もしかすると夢の中の玲奈さんは僕自身を表し、今は地に足がついていないのかもしれません。

「病院」は癒やしの場。差し出した「右手」はエネルギーを与えること。重要な学びのためには、間違った方向に行かず、自分を癒やし、エネルギーを分かち合うことが大切……なのかな。

ちなみに夢に松井玲奈さんが出てきたのは、これで2回目です。それもまた何か意味があるんですかね……