読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

「秘密のルノルマン・オラクル」

秘密のルノルマン・オラクル

秘密のルノルマン・オラクル

 

拙著「八卦見豹馬 吉凶の剣」シリーズの装画を描いてくださった遠藤拓人さんが、初の日本語版ルノルマン・カードの絵を手がけられたそうで、早速買ってきました。

ルノルマン・カードとは、その名の通り、マリー・ルノルマンなるフランスの女性占い師の名を冠した占いカードだそうで、僕も前々から興味はあったのですが、どのバージョンを買えばいいか判らぬままスルーしていた代物。それが遠藤拓人さんのイラストで日本語版が出たとあって、これも何かのご縁だなあと思いつつ入手した次第です。

f:id:crystal0207:20140821182344j:plain

カード構成は、全36枚。ただしこの「秘密のルノルマン・オラクル」に関しては、自分を象徴するカードでもある28番「紳士」と29番「淑女」が2枚ずつ入っています。これによって同性同士の人間関係も占えるという便利っぷり。

各カードに正逆は無く、それぞれ単純なシンボルとトランプ的な意味合いが記されています。ウェイト版タロットのように、無数に散りばめられたシンボルを読み解く難しさはなく、シンプルに占えるような気もしますね。カードサイズも小さめで、女性でも無理なくシャッフルできるかなと。

f:id:crystal0207:20140821182854j:plain

で、早速占ってみました。まずは仕事運。28番「紳士」を自分とし、3枚引いて過去・現在・未来を見るというもの。

まず過去に出たのは9番「花束」。仕事のチャンスをもらえる、楽しめる等の良いシンボルですね。現在の位置には27番「手紙」が出ました。これは情報や契約書のやりとりがあると云う意味だそうで、新たな仕事の情報が舞い込むのかも。ちなみに2月7日生まれとしては、27という数字にもシンクロを感じますね。そして未来には31番「太陽」が。これはもう成功や満足を示す輝かしいシンボルですから、3枚揃ってなかなか良い展開になったなあと。

f:id:crystal0207:20140821183203j:plain

続いて恋愛運も見てみました。こちらの過去には33番「カギ」が登場。どうやら以前は、堅く閉ざしていたハートをカギを使って開いていたようです。ただし相手か自分かはよく判らず。そして現在は21番「山」。高い障害。どうにも動かない停滞感ですかね。うーん、これは非常に納得……。しかし未来には29番「淑女」が。新たな女性の登場でしょうか。期待大じゃないですか(^_^)

 

と、単純に1枚ずつの意味だけ見てみましたが、実際には複数のカードの意味を繋げても見れるそうで、いずれそういった解釈も覚えていこうかなと。

海外イラストは肌に合わない、と仰る方にも、日本人である遠藤拓人さんのイラストはオススメできると思います。ご興味があれば是非是非(^_^)