NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【夢日記】黄金の石、祝祭と体験

http://www.flickr.com/photos/9619972@N08/2699201844

昨夜の夢は、断片だけが記憶に残っている。まず手のひらに、金色に光る小さな玉が11個のっていた。部屋の中には、洗濯物が山積みにされていた。くりぃむしちゅーさんのコントライヴを見に行った。で、00:48にいったん目覚め、また二度寝

すると次の夢では「禅タロット」の「祝祭」と「体験している」が浮かんできた。そして04:07にまた目が覚めた。

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

金色の玉は、ゴールデン・アゼツライトのようでもあり、ルチルクォーツのようにも見えました。「金」はキリストの光、天が与えた意識を意味するそうですが、僕、仏教徒なのでそこら辺どうなんでしょうか。「11」は自分の力強いバランスを表現する数字だとか。

「洗濯物」は、自分の悪習慣を絶ち、浄化することだそうです。ちょうど昨夜、寝る前に「ああ、こういうことはもう止めよう……」と決めたことがあったので、それが出たのかもしれませんね。コントライヴは「喜劇」に近いのかな。気楽に考えて大丈夫と。

「祝祭」は祝日にかかわらず、生を祝おうというカード。「喜劇」と重複するような意味合いもありますね。「体験している」は、言葉や写真などでは記録できない、感触や感覚だそうです。2つ繋げれば、言い表せない祝祭の感覚、とでも申しましょうか。

それにしても本当に夢の傾向が変わってきましたね。実生活もどうなるか……