NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【夢日記】梯子を伝ってバス旅行へ

昨夜の夢。僕は、作業場のような場所でイベントのチラシを作っていた。そこへ知り合いのYさん(女性)が現れ、「それいつやるの?どこでやるの?」と妙に食いついてくる。さらにYさんが「宝くじ買った?」と訊ねてくるまでが最初のシーン。

http://www.flickr.com/photos/60436010@N00/2928667575

次のシーン。僕の前には、白く半透明の壁があった。壁に開いた窓の向こうから、やはり知り合いのSさん(女性)らしき人が、「そろそろ出発するよ。私は先に行ってるから」と言う。どこからかエンジン音も聞こえ、どうやらこれからバス旅行に行くらしい。僕は、壁に取り付けられた梯子を伝い(上下どちらに行ったかは不明)、窓から出ようとしたが狭いので、壁を蹴り破るようにして、外へ出た。

http://www.flickr.com/photos/30993133@N04/2932201804

外には、旅行会社のバスが停まっていた。車体には、会社名らしい「Spiritual Doorways」というロゴが書いてあった。手前には、乗客たちのカバンやキャリーケースが並んでいる。僕は、自分の手荷物を探したが、一向に見当たらず……目が覚めた。00:26。

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

最初のシーンは、解釈すべきモチーフがよく判らず。「宝くじ」の解釈もなんなんだか。それとも年末ジャンボでも買えってことでしょうか。

続いて「壁」は邪魔なモノ。「エンジン」は生命力やエネルギー。「梯子」は新たな気づきに到達する道、だそうです。これも「階段」同様、上っているなら正しい方向へ、下っているなら間違った方向へ進んでいるという解釈ですが、どっちだか、よく覚えてないんですよ。上っていたと信じたい……でも「壁」の向こうから導きがあり、「壁」を蹴破って外へ出たのは良かったんじゃないかと。

「バス」は自分を表現するための潜在能力。「手荷物」は肌身離さず持ち歩いてしまったつまらない問題。「旅」は自己探求、経験、学びを意味し、「旅に出かける」は自分の新しい側面を思い切って試すことだそうです。手荷物が無いまま旅に出るってことは、つまらない問題を置き去りにして自己探求の旅に出るってことでしょうか。まあバスには乗らなかったので、あくまで出発準備完了なのかな。

 

それにしてもバスの車体に書いてあった「Spiritual Doorways」というロゴが、はっきり記憶に残っているのも意味深です。たしかにそういうツアーってありそうですけど、ここから先、そういう扉をくぐるような体験をするのでしょうか、どうなんでしょうか……