NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【夢日記】足裏の痺れ、足裏の煙

満月は、精神的に不安定になったり体調が悪くなるとも言いますが実際、一昨日からお腹の調子が良くないのです。そこで昨夜も早めに就寝。ところが布団に入って小一時間しても、まだ寝つけませんでした。

実は結構頻繁に、両足の裏がビリビリ痺れるんです。症状が現れるのは、仰向けになって寝ている時や、電車のシートに座っている時などいろいろ。でも痛いわけじゃなく、むしろ気持ち良いんですよ。その痺れが昨夜は妙に強く、足首から脛まで上がってくる感じで、なかなか眠れなかったのです。

いつから痺れるようになったかと言えば、不思議なことに昨年7月にクリスタルボウルのヒーリングを受けてからなんです。あの日、足裏でクリスタルボウルを鳴らされた時、音の波が足を通って肩まで上がってきて、足裏が気持ちよく痺れるのを感じましたが、それ以来、頻繁に痺れるようになりました。

クリスタルボウルを鳴らしてもらった際、「基底のルート・チャクラが一番開いていなかったから、足裏の鳴りも悪かった」と言われましたが、そこが開いたおかげで、好転反応的に痺れが出ているんだろうなあと思ってきたのです。

で、そんな痺れを感じつつ眠った後に見た夢ですが……

http://www.flickr.com/photos/62359756@N00/401440232

夢の中、僕は自分の部屋で、布団に寝ていた(つまり現実の就寝状態と同じ)。どうやら体調が悪いらしく、寝返りも打っている(これも同じ)。すると布団の傍に、40~50代の女性が座り、何やら唱えている。どうやら祈祷師か治療師らしく、僕の身体から悪いモノを祓っているらしい。僕は調子が良くなったのか、むくりと布団から身を起こした。すると足下の布団が、まるで生き物が入っているかのように上下動し、つま先あたりの布団がめくれて、白い煙がぼわっと立ち上った。僕は、ああ悪い憑き物は去ったんだなと思い……目が覚めた。05:47。

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

「ベッド・寝床」は、意識と無意識をつなぐ場所だそうで、元気を回復するところだとか。人生経験そのものを表すとも言い、「眠る」ことは気づきの欠如を示すそうです。「祈祷師=ヒーラー」と考えれば、高次の自己、ハイヤーセルフ。つまり自分で自分を元気づけた、人生に目覚めさせたってことでしょうか。

「足」は基盤を意味し、「煙」はもやもやした混乱や激情を意味します。今までは人生の基盤がもやもやしていたけれど、そのあたりもクリアになったのかも。

 

と言うのも実際に起床した後、妙にスッキリした感覚があったんですよね。いつものように朝のストレッチをしながら「ああ、もう好きなことだけやっていけばいいんだ」と思ったり。ストレッチ後の瞑想も、普段より自然と長く、クリアだった気がします。クリスタルボウルのヒーリングを受けてから約半年ですが、もしかしたら今日から、また良い方向に向かうかな……と期待しています。

Crystal Bowl Healing (Remastered)

Crystal Bowl Healing (Remastered)