NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】19年前に切り捨てたモノ

http://www.flickr.com/photos/16638697@N00/1023515729

本日01:10、4ヶ月ぶりにノードが居場所を変更。ノードとは、太陽と月の交点であり、日食や月食が起きるポイント。西洋占星術ではノースノード=ドラゴンヘッド、サウスノード=ドラゴンヘッドとも言い、ホロスコープ上を惑星とは逆回りに移動し約19年で一周する、と云うことも、占星術を学んだ方なら御存知かと思います。

占星術的に見れば、今ノースノードは天秤座に、サウスノードは180°反対側の牡羊座にありますが、ヒューマンデザインではこのノードも『易経』の64卦384爻に対応した位置で見るのです。

今日からノードが入った卦は「山風蠱」と「沢雷随」。この卦の位置に、7月14日まで滞在しますので、周囲の状況・環境にも変化が出るかと思われます。

 

「蠱(こ)」は字の如く、お皿の上の食べものを虫が食って腐らせることで、腐敗への取り組みを意味しています。「随(ずい)」は、お互いの意見に従い合うこと。ヒューマンデザインでは、さらに他の意味も付していますが、詳しいことはリーディングにて(^_^)

そんなワケで今日から2ヶ月ほどは、自分の人生で腐っているモノの処理に取りかかるとか、そのためにどうすれば良いのか、親しい人の意見に従うことが求められるかもしれません。「随」には、まず相手の意見に従えば、相手もこちらの意見に従ってくれる、という意味もありますから、ただ一方的に服従するのではなく、意見のすり合わせが大事になるかも。

http://www.flickr.com/photos/28508197@N07/7265585766

ちなみに前回ノードがこの卦に入ったのは、1996年8月11日~1996年12月23日。

はて、その頃自分は何をしていたかな?……と記憶をたぐってみたら、書店員の仕事を辞めると決断した時期でした。当時は、もう編集者さんと連絡を取り始めていたものの、書店での仕事が忙しく、ちゃんとした原稿を書くためいったん仕事を切ってみようと思い立った頃ですね。それでもクリスマス商戦が忙しかったので、その片付けが終わった12月25日の夜に退職願を出したのを今でも覚えています。

で、そうして仕事を切ってまで作家業に就いたわけですが、今また19年経って、同じノードの時期に、その作家業から離れつつあると云うのも不思議な気がしますね。そう考えると「蠱」の時期は、自分の人生で要らなくなった部分を切り落とす時期なのかもしれません。最近、人間関係の変化も感じていますし、今日からさらに、ばっさばっさと腐ったモノを切り捨てていくのかも。

皆さんも19年前の自分を振り返り、自分がどんなモノを切り捨ててきたか、思い出してみてはいかがでしょうか?

 

・ヒューマンデザインの個人リーディング・基礎講座を受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.com へご連絡ください。