読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【夢日記】銃と爆弾とミサイルと

夢日記

Norwegian Soldier

昨夜の夢。僕はデパートのおもちゃ売り場にいた。そこには本物の自動小銃が売っていて、周囲にもライフルを提げた人たちが沢山歩いている。僕もちょっとそれが欲しい気がしたが、どうせ持つならイギリスのL96A1狙撃銃が良いなあなどと思いつつ、結局買いはしなかった。そのうち目の前に、建物の屋根めがけて爆弾を投げる男が現れた。ところが屋根の上にも誰かがいて、その爆弾を弾き返したのだ。結局爆弾は、投げた男の元に戻ってきて爆発した。すると今度は、僕めがけてミサイルが飛んできた。でも僕は地面に腹ばいになってそれを避け……目が覚めた。01:57。

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

夢の中の「銃」は、性的エネルギーを表すそうです。なるほどヒューマンデザインで見ると、僕は少数派の非エネルギータイプ。つまり世の中の大多数は銃=豊富な性的エネルギーを持っているけれど、僕にはそれが無い。「爆弾・爆発」は抑圧された否定的エネルギーの爆発だそうです。でもネガティヴに爆発すれば、そのダメージは自分にも及ぶってことですね。気をつけましょう。もっとも僕はヒューマンデザインで見ると「屋根の上にいる時期」なので、もしかしたら「屋根の上の男」は僕自身かもしれません。誰かのネガティヴな爆発を打ち返せたかな?「ミサイル」はなんでしょう。そちらも一種の爆発だけど、それもうまくやり過ごしたのでしょうか。総じて荒っぽいモチーフばかりですが、特に嫌な感じはしませんでしたね。やっぱりいろいろ回避できたのかな……?