読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【夢日記】みんなで映画を探しに行く

Hindu Silhouette

昨夜の夢。僕は、街のあちこちに隠された映画のビデオ/DVDを探す、という都市オリエンテーリングみたいなゲームに参加していた。1チームは6~7人で構成され、チームメイトは(実際には知らない人ばかりだけど)親しい仲間ばかりで「これならうまくいくよね」と話ながら、次々、目当ての映画を発見していった。けれど途中で「どうして良い天気なのに、こんなことしているんだろう……」と疑問に思いながら。

そして探す映画も残り2本、となったところで、僕たちのチームは見知らぬ街にたどり着いた。たしかこの街にはレンタルビデオ屋さんが2軒あるから、そこに隠されているかもしれないと言いつつ、そのうちの1軒に入ろうとした。しかしその建物の入り口は狭く、身体を折り曲げながら、やっとの思いで中に入り、探索を開始した。その後も夢は続いたような気がするが、あまり覚えていない。05:08。

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

夢の中の「映画」は、自分の人生を意味するそうです。となると、自分の人生を見つけるには協力してくれる仲間が必要ってことでしょうか。そして人生の大部分は見つかったけど、最後の2本が見つかっていない。あるいは最後の2本のうち、ようやく1本にたどり着いたとか?その1本には、狭くて困難な道を通らなければたどり着けない、とかね。

ヒューマンデザインでも「人生は映画のようなものだし、あなたは人生に起きることを観客のように眺めればいい」とも言います。そろそろ僕の映画も、新しいシーンが始まるのかもしれませんね。