NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【夢日記】掃除を終えてラウンジへ

Hotel lounge - Dallas

昨夜の夢は、学校の年末大掃除だった。なんとなく年末大掃除に参加するのも3回目(3年目)のような気がした。校舎の外では、先生が生徒を集めて指示を出していたが、僕はそれには加わらず、一人勝手にトイレを掃除したり、ビデオテープが並んだ棚を整理していた。そのうち頭の中で「後に大事件となるこの秘密を、僕はこの時からもう知っていた」というセリフが浮かんできたが、さっぱり意味不明である。

掃除も終わって歩き出すと、校内には広いラウンジがあった。その席はびっしり人で埋まっていたけれど全員、硬直したように座っているだけで、ちょっと不気味だ。

僕が「掃除も終わったし、もう出歩いても、遊んでもいいんじゃねーの?」とつぶやくと、タレントの優木まおみさん似の女性が近づき「それはだめ。(昔いたナントカ)さんもどーのこーの」と僕を心配してくれて……目が覚めた。04:57。

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

まず夢の中の「掃除」は、感情の浄化を表しています。「学校」という学びの場全体が浄化のプロセスにある中、僕は単独でそれをやっていると。「トイレ」=過去の体験の浄化、「ビデオ=映画」=自分の人生だそうです。たしかに自分の過去は、みんなで協力して癒やすより、一人孤独になって癒やす方がいいかも。そのプロセスを経る中で「秘密」=認めたくないもの、気づこうとしていないものに気づけるかもしれません。「年末」なので、ひとつのプロセスの終わりに差し掛かっている気もいたします。「3回目(3年目)」はなんだろう……ヒューマンデザインを勉強し始めて3年経ち、4年目に入りましたけどそれですかねえ。

昨日の夢では「バックステージ」「駅のホーム」と待つ場所が出てきましたが、今日の「ラウンジ」も待合室ですね。そこから出て行って自由になろうとすると止められる。でも制限されると言うより、心配されたので、ここは夢からのアドバイスに従った方がいいかも。昨日の夢もそうですが、プロセスの終わりに近づいてはいるけれど、まだ進む時ではない。まだ、待つ時期なのでしょう今は。