読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】天王星逆行:終わりのやり直し

ヒューマンデザイン

Foot Uranus

本日から天王星が逆行開始。ヒューマンデザイン的に考察すると、4月15日から「風雷益(ふうらいえき)=増益」に入った天王星が、この卦の位置を後戻りし、12月8日には「雷為雷(しんいらい)=目覚めの稲妻」に戻り、12月29日には再び順行に戻ることになります。ちなみに前回、天王星が「震為雷」から「風雷益」へと卦を移動した4月15日と言えば、その前後で熊本地震の予震・本震が起こっています。また12月8日前後で、あのような災害が起こらないことを切に願うばかりです。

さて4月15日から天王星が入っている「増益」には「新たな成長サイクルに入る前に、古いサイクルを終わらせる」という意味があると以前の日記で書きました。あれから3ヶ月半。古いサイクルを終わらせる改革(=天王星)は、進展したでしょうか? もし古いサイクルに執着しているなら、ここから12月8日までに逆行=やり直しなさい、終わらせなさいということかもしれません。それができなければ12月29日までに「目覚めの稲妻」で撃たれるぞと。天王星ですから、既存のルールを超越した、トリッキーなやり方で、終わりが促されるとも考えられます。

ヒューマンデザイン的な「増益」のプロセスは、企業の成長に似ています。多角化・多様性を基盤として拡大し、流行をチェックし、試行錯誤しながら、人間関係を通じて成熟していく。そしてここ数日の天王星は、さらにその先の、自分がやりたいことをやって稼ぐという位置に入り、逆行し始めたわけです。本当にやりたいことで稼ぎたいなら、もう一度ここ3ヶ月半のプロセスを見直せということですね。

ちなみに僕自身もここ3ヶ月半で、トリッキーな方法を用い、懸案事項をひとつふたつやっつけました。それもある種、古いプロセスの終わりでしたが、まだ懸案は残っているので、今年いっぱいその処理に追われる、という感じでしょうか。

天王星は、来年2017年4月15日(またこの日か)に、再び「増益」の「やりたいことをやって稼ぐ」位置に戻ってきます。来春に仕事を完成形とする前に、まずは古いプロセスを終わらせておくのが吉かと思います。