読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【夢日記】叡智を失い、怒り、叫ぶ

夢日記

Tired angry cat

昨夜の夢。僕は、街をぶらぶらしながら、駅近くの踏切を渡ろうとしていた。すると踏切の向こうから、怒りに満ちた女性が奇声を発しつつ歩いてくる。しかもその女性は、髪は長いものの、頭頂部から額にかけてごっそり毛が抜けており、まるでざんばら髪の落ち武者みたいだった。僕は思わずぎょっとしたが、よく見るとその女性の背後から、パートナーらしき男性が怖々ついて来ている。二人はケンカをしたんだ。そしてこの痴話喧嘩は二度目だな……と思ううち目が覚めた。01:29。

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

実は「痴話喧嘩」というモチーフも時々見るんですよ。2015年7月22日とか2015年9月8日とか。でも今までの夢に出てきた「痴話喧嘩」は、距離が離れていたものの、今回はものすごく間近で起こったんですね。「これは二度目だろう」という確信も意味深。自分の中の男性性・女性性がケンカしているならまずいのですが、知り合いの誰かが激しいケンカをしたようにも思えます。女性が愛想を尽かし、男性はおろおろしながらもその女性に依存している……みたいな。

ちなみに「頭髪」は、頭頂にあるクラウン・チャクラから流れ出る叡智、という夢モチーフだそうです。となればその女性は、叡智を失い、錯乱状態にあるのかもしれません。「踏切」は、仕事上の進路である「線路」を渡るものであり、仕事上のチャンスを待つ「駅」の近くでもありました。もしかすると仕事関係の繋がりで、ケンカしたカップルがいるのかも。先日書いたように、火星がフルパワーの位置にありますから、パートナーシップを破壊するようなケンカがあっても不思議ではないのですが……