NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】土星順行:大事の前の小事が大事

Saturn

3月25日から逆行に入っていた土星が、今夜から順行へ戻ります。ヒューマンデザイン的に見ると、そもそも土星は、3月25日の時点で「水天需(すいてんじゅ):自分なりのリズムに合わせる」の終わりにさしかかっており、次の卦である「山天大畜(さんてんたいちく):大きな力を制御する」へ入る寸前でした。ところが逆行を始めたため、「自分なりのリズム」の前の卦である「風天小畜(ふうてんしょうちく):小さな力を制御する」へ戻ってきたのです。つまり「大きな力を扱う」前に、「自分なりのリズム」に合わせ直し、「小さな力を扱う」ことを学び直せよ、という動きに読めるのです。

「大事の前の小事」ということわざがありますが、まさに今の土星の動きは「大きなことをやろうと思うなら、まずその前に、小さなことを大切にしなさい」とも解釈できます。さらに言えば「大きなことをやろうと思うなら、どうでもいい小さなことは省きましょう」とも取れます。ヒューマンデザイン的にこの位置には「ひとつのことの焦点を合わせる」という意味があるため、やるべきことひとつに集中し、その他の些末なことは放置しても致し方ない、という感じでしょうか。

僕自身の、3月25日以降の動きを見てみると、9月10月に受講予定のPTL4(ヒューマンデザイン・アナリスト養成の最終講座)という大事を見据えつつも、まだ読み込んでいない英文資料を延々翻訳し続けております。この期間は、遊び予定もほとんど入れず、お金も受講料と資料代につぎ込んできました。まさに大事を前にして、小事を省きつつ、小事に取り組んできた感がありますね。

ヒューマンデザインでは土星を「厳しい裁判官」のように位置づけています。恐らくこの逆行期間に、大事の前の小事をやり直しておかないと、これから取りかかる大事で失敗するか、裁かれるのではないでしょうか。

土星が満を持して「山天大畜(さんてんたいちく):大きな力を制御する」に入るのは、11月25日01:09ですから、それまでにもう一度、やるべきことに集中し、自分本来のリズムを取り戻すのが大切かと思います。まだ時間はあるのです……

・ヒューマンデザインの個人リーディング・基礎講座を受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.com へご連絡ください。