NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】天秤座新月:腐った父親とセラピスト

f:id:crystal0207:20160930133448j:plain

今日は、午後からぶらり柴又帝釈天へ。昨日までの蒸し暑さはどこへやら、ようやくカラッとした秋風になり、散歩シーズン到来ですよ。ところがこの後、「こち亀」完結記念一色になったJR亀有駅に寄った際、途中でSuicaをなくすというアクシデントが発生。 本当は松戸のコメダ珈琲で一服するつもりが、なんだか気持ちが萎れてしまい、カフェ休憩無しで帰宅しました……(-_-)

さて、そんな明日09:11に天秤座の新月となります。今回の新月はヒューマンデザイン的には、易の「山風蟲(さんぷうこ)・腐ったものを治める」の六五という位置にあたります。腐敗してしまった父母の不祥事を子供が収拾するという、昨今流行の「毒親」的な卦ですね。特に六五という爻(こう)は、父親の不祥事を収拾した結果、名声を得る意味を持っています。先日の魚座満月は、愚かな王様=愚かな年長者がテーマでしたが、今回は腐りきった年長者の尻ぬぐいをやるのでしょう。あまり気は進まないかもしれませんが、それでも名声というご褒美がつくので、さてどうしようかと。

f:id:crystal0207:20160930133529j:plain

ヒューマンデザインでは、この「山風蟲・六五」に「精神治療」という意味を付しています。腐りきった父親が、遂には精神的におかしくなり、狂気すら抱えてしまう。さてその父親を、セラピストとして癒やせるかどうか。一人で癒やせないなら、仲間と力を合わせて癒やすしかない……という位置なのです。

もしあなたの周囲に、腐った人がいたなら、いよいよ腐りきる所まで行くのかもしれません。自分自身の腐敗に飲み込まれ、精神的にも蝕まれていき、とうとう治療が必要な所まで追い込まれていく。今回の新月は、そういう位置なのです。

一方でこの位置は、セラピストやヒーラーが名声を得る瞬間でもあります。腐った人の周囲に、その役目を果たせる人がいるかどうか。それが問題解決の鍵になるでしょう。

セラピスト (新潮文庫 さ 53-7)

セラピスト (新潮文庫 さ 53-7)