NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】インカネーション・リーディング:あなたの神話を読み解く

John William Waterhouse (1849-1917) - The Lady of Shalott (1888), Tate Britain, Apr 2015

新メニュー、インカネーション・リーディングのご案内です。このリーディングでは、インカネーションクロスと呼ばれる、あなたの魂の使命、人生の目的を詳細に分析いたします。インカネーション(受肉)とは、この世に生を受けることであり、その肉体が今生で出会うクロス(運命)を解き明かすのです。

このインカネーション・リーディングも、まずは御自分本来の情報が必要なので、先にフル・リーディングを受けて頂く必要があります。ただ、ゼネラルやフル・リーディングでも簡単なインカネーション情報はお伝えしております。これは、192パターンの基本インカネーションクロスと呼ばれるもので、あくまでおおまかな情報です。

これに対してインカネーション・リーディングでお伝えするのは、768パターンの個別インカネーションクロスを中心とした、より詳細な分析です。さらに深くインカネーションクロスを知りたい方は、takeo.ichikawa@gmail.com までお申し込みください。

The sirens and Odysseus  - John Waterhouse

このインカネーションクロスは、ある意味、あなたを主人公とした神話です。あなたがどのような神話の物語に生まれ、どのような役割を演じ、どのような人々に遭遇し、どのような道を歩くのか、そしてどこへ到達するのか。インカネーション・リーディングは、そのような神話を分析するのです。

ただし神話ですから、避けたくなる悲劇もあれば、厄介な怪物も現れます。自分の神話=インカネーションクロスが好きになれない場合もあるのです。僕自身もインカネーションの資料を読んでいて「うわ、このクロスはきついなあ……」と思うこともしばしばです。ですので、あまり甘い期待はしない方が吉です。ただ、その危難や悲劇を生き、怪物と戦っていく中で、あなたの魂の使命が果たされ、人生の目的が果たされると言われています。その神話を生きていく心の準備が出来た方は是非、インカネーション・リーディングにお申し込みください。

僕自身も、このインカネーションクロスという分野が、ヒューマンデザインの中で一番興味がありますし、これを知りたくてヒューマンデザインを学び始めました。実際、自分のクロスを深く知ってからは、自分の人生の、厄介なあれこれにも納得できています。ただ終着点には着いた気はしていないので、いまだ自分の神話の旅の途中、という感じでしょうか。僕自身の神話の解釈は以下にありますが、まだ「秘密を抱えた人」とは出会えておりません……(^_^;)

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディング(120分 30000円)や、

 インカネーション・リーディング(事前にフル必須)を受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.com へご連絡ください。