読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【夢日記】ハワイでサイクリング

夢日記

Kona, Hawaii

昨夜の夢。僕は、ハワイ(だと思う)で自転車に乗っていた。前方には、ガイドさんらしき白人男性も自転車に乗っていて、僕をどこかへ先導してくれている。ところがガイドさんは、木々が生い茂った横道へ急に入ってしまい、姿が見えなくなった。

仕方なく僕は一人で、幹線道路沿いに上り坂を上がっていった。しかし前方を見ると、その道路はまだ建設中で、先へは進めなくなっている。だったらUターンしようかと思って後ろを振り返ると、実は今上ってきた道は異様に細く、舗装もされておらず、道の片側は断崖絶壁になっていてガードレールも無い。ちょっとバランスを崩したら、足下の土ごと崖下に落ちそうな道なのだ。我ながら、よくこんな険しい道を自転車で上がってきたなあと思いつつ、僕も横道へ入ることにした。

横道に入った先には、緑に囲まれた神社があり、参道には小さなお店が幾つも並んでいた。人目にはつかないけれど、妙ににぎわっていて良い雰囲気だ。へえー、日系の人が造った神社なのかなあ、そういや知り合いの人がこのあたりにお店を出していたはずだけどどこだろう……と思ううち、目が覚めた。06:34。

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

「自転車」は、個人的な乗り物であり、バランスが必要。僕個人の人生も、うまく進むには仕事と遊びのバランスが必要ってことですかね。でも導き役となるガイドはもういないので、自分の感覚で進むしかない。「坂を上がる」は、正しい方向に進むという意味ですが、道が途切れていたので、それ以上進む必要は無い。むしろよくここまで、その険しい道を上ってきましたね、と言われているようにも感じました。誰もが進みそうな幹線道路を外れて横道に入ると「神社=聖なる場所」に行けると。

今月でようやくヒューマンデザインの勉強も一段落したし、ここまで遊びも控えてきたのですが、そろそろ仕事と遊びのバランスを取り戻す時期なのかもしれません。ちょうど遊びのお誘いも来ていたところなので多分……