NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】アンナミラーズと大統領選の日

f:id:crystal0207:20161109131620j:plain

今日は、品川にてウラヌス・オポジション(天王星半回帰・42歳の転機)のリーディングでした。ウイング高輪WESTのアンナミラーズ(日本唯一の店舗!)に入ったのですが、ちょうど窓際の特等席を案内していただき、秋晴れの品川駅前交差点を眺めつつのリーディングとなりました。

ヒューマンデザインでは、人間はウラヌス・オポジションを中心とした7年間で人生後半へ推移するとしています。いわゆる「中年の危機」と呼ばれる年齢ですね。この時期に、本来の自分を取り戻すことが、50歳頃のキロン・リターン(小惑星キロン回帰)での開花に繋がるとも読み取れます。それだけにウラヌス・オポジションの課題に対処することがとても重要に感じています。僕自身、この42歳前後の7年間にヒューマンデザインを知ったので、本来の自分を取り戻すためのツールとして、ヒューマンデザインと出会ったのだろうと考えています。

ご興味のある方(特に今現在38歳~46歳の方)は、まずフルリーディングからお申し込みください。先に、御本人の情報をご理解していただくことが必要ですので……

そのリーディングを終え、ニュースをチェックすると、アメリカ大統領選はトランプの勝利確定だと。今年3月に両候補のチャートを分析した時は、「こっちが勝つ!」と断言できるほどの材料は見当たりませんでした。ただこの時、ヒラリーを評して「戦い甲斐のある好敵手を捜し求めるうちに予期せぬことが起きる」「大方の予想を覆して勝つ、あるいは負ける、あるいは誰もが予想しなかった結果になる、のかも」と書いたあたりが現実になった感もありますね。さすが予期せぬ運命に生まれた人だなあ……まあそのあたりについては、またそのうち別記事にて。