NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】牡牛座満月:状況を打開するために

~~~~taurus~~~~

明日11月14日22:52に牡牛座満月。なんでも68年ぶりの大きな(地球に近い)満月なので、ウルトラスーパームーンとも呼ばれているんだとか。ヒューマンデザイン的に見ても、今回のジャスト満月の位置は、かなり強力な配置ですね。

まず月の位置は「山地剥(さんちはく)・剥ぎ落とす」の六五です。これは「ものごとが剥ぎ落とされ、衰えていく」という卦ですが、ヒューマンデザインでは「ものごとの余計な部分を削ったり、噛み砕いて説明する」という位置です。さらに六五という爻として見ると「下の立場から、守り育てるために説明してくれと動かされる」という位置なのです。ここは、突拍子もない考えを説明する位置でもありますが、そういったイノベーション的な考えや、スピリチュアルな不思議な話などは、一回説明しただけでは分かってもらえないんですね。だから何度も話さないと親しんでもらえない。それを下の立場の人たち……恐らくその考えがまだ飲み込めない人たちから頼まれるのでしょう。

Breakthrough

しかも今回の牡牛座満月では、太陽が「山地剥」と手を結ぶ「沢天夬(たくてんかい)・きっぱり断ち切る」の九五にも入っています。これは「陰を断ち切り、その罪を宣告して、多くの人と力を合わせるが、油断してはならない」という卦です。ヒューマンデザイン的にはブレイクスルーを妨げる関係へ段階的に適応し、前進する」という位置です。

この「山地剥」と「沢天夬」が繋がると「非常に風変わりで個性的なイノベーションを具現化できる」力が生まれます。「コロンブスの卵」のように、いやそんなことだったら誰でも思いつくよと言いながらも誰も思いつけなかったような考えですね。多分、新しい考え方が飲み込めない人たちに、もう一度説明することで、段階的に突破口を開いていけるかと。ただし、頼まれもしないのに、自分から説明しようとすると奇人変人に思われますのでご注意を。ちなみに僕は、元々この力を持ってます。こうして奇人変人的にワケわかんない話を書いているのも、この力のおかげですかね。

そしてノードは引き続き(クリスマスイヴまで)「共同体との取引」の位置にあり、家族や仲間との約束事を強いられる時期です。「山地剥」+「沢天夬」には、イノベーションによって集団をレベルアップさせる力もありますから、身近な人たちに個人的な考えを述べることが課題になるかもしれません。

さらに水星と金星が手を結び、「誰がなんと言おうと、自分の信念に従えば、素晴らしい力を発揮する」という力を下ろしています。ここは「他人に依存するな、自分のことは自分で決めていい」と励ましてくれる力ですね。たとえ奇人変人と思われてもいいから、自分の信念を話そう、と思うかもしれません。

Innovation

振り返ってみれば、10月31日蠍座新月のテーマは器の小さい人を制限し、集団を適切にコントロールする」でしたが、アメリカでは大方の予想を覆してトランプ氏が大統領選挙に勝利し、韓国では朴大統領の退陣を求めるデモが激化し、まさに器の小さいリーダーの処遇を巡り、各地で紛糾が続いています。そして11月7日の水瓶座上弦の月「具体的な証拠があっても変化できない悲観主義」だったため、どうすれば状況を好転させられるか、誰も考えが浮かばず、悲観的になっているかもしれません。

しかしそんな今、ブレイクスルーを果たすであろう「非常に風変わりで個性的なイノベーションな力が下りてくるのです。その考えを以前に話した時には、みな「いやそう簡単にはいかないよ」とか「お前は何を言っているんだ」的に奇人変人扱いされたのでしょう。その考えをもう一度呼び起こし、状況を打開するために、再度説明し直してもらう。そんな位置にも読めるのです。

そして11月29日の射手座新月「些細なことに焦点を向けてしまう強迫観念」です。やはりブレイクスルーは段階的で、一気に突破は無理そうですね。まだまだ混乱もあるし、悲観的にもなりそうなのでご注意を……

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディング(120分 30000円)を受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.com へご連絡ください。