読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】親が言う「育て方を間違えた……」

(017)母という病 (ポプラ新書)

(017)母という病 (ポプラ新書)

 

同じジャンルの本をあれこれ買ううちに、どれを買ってどれを買ってないのか、わからなくなることが時々あります。数日前も、すでに所有していた「母という病」をダブって買ってしまいました。まあ多分『これをもう一度読め』というメッセージなのでしょう。せっかくなので、親子に関するヒューマンデザイン記事を一本書いておきましょうか。Children

世の中には、自分の子供が特に悪いこともしていないのに「育て方を間違えた……」と嘆く親がいます。親が望む方向に進まなかった、親の期待を満たさなかった、親の好みに沿わなかった等々……いずれも基準は親です。そこに子供の資質や、子供の要望は存在していません。僕も幼い頃、まったくスポーツが好きではなく、しかも右利きだったのに、野球の好きな祖父と父親によって、左利きのピッチャーに育て上げられようとしました。あいにくその無謀な計画は、僕の運動音痴さによって早々と頓挫したのですが、親が望む方向に執着したり、子供もその期待に無理に応えようとすると、どちらにとっても「病」の領域に突入してしまいますよね。

children

ヒューマンデザインでは、お子さん一人一人がどんな個性を持っているか、ご両親とどう違っているかを分析できます。親御さんが、ちゃんと考え、ちゃんと話し、ちゃんと約束を守れるのに、お子さんはそれがうまく出来ない場合もあります。親はすんなり出来るのに、なぜ子供はなかなか出来ないんだろう? その疑問が苛立ちに変われば「ちゃんと考えなさい!」「ちゃんと話しなさい!」「ちゃんと約束を守りなさい!」と子供を責める。それもお子さんの個性のあらわれなのですが、それが理解できない。

そして親は、子供の欠点を克服することが大切とばかりに、その個性を矯正しようとする。子供も、欠点は直した方が良いと考え、自分の個性に対して罪悪感や劣等コンプレックスを抱いていく。そして子供本来の個性はどんどん殺されていく。そのような他者から受ける影響を、ヒューマンデザインでは条件付け(Conditioning)と呼び、条件付けによる自分を喪失した不健康な状態をNot-Selfと呼んでいます。

もちろんこの条件付けNot-Selfは、親子だけでなく、教師と生徒、上司と部下、恋人や夫婦など、あらゆる人間関係で起こり得ます。ただ、大人になれば、そういった他人からの圧力から逃れる知恵もついてきますが、子供ではまだ無理なんですね。だからこそ親から子供への条件付けは危険だし、注意しなければならないと言われています。

Family

大人になっても、親からの条件付けに苦しんでいる方は、是非ヒューマンデザインを通じて、本来の御自分を見てください。親から背負わされた重荷が無意味だったと分かれば、多分、かなり楽になります。

また子育てに悩まれている親御さんも、かなり楽になれると思います。自分とお子さんは別の人間であり、同じようにはならないし、同じようには出来ない。それをどうにかする必要はないし、どうにかできなかった自分を嘆く必要もありません。自分が出来ることを、出来ない他人にさせようとするのも、不健康なNot-Selfなのです。