NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】「The Love Series」を訳してみました

先日、入手したヒューマンデザインの講義録「The Love Series」を、ほぼ訳し終わりました。入手した時点では「こちらに着手するのは、まだかな」と書いていたものの、11月に入って読み始めたところ、実はかなり面白い内容だったことに気づき、ちょうど時間も空いていたので、よし、コレ全部訳してみようと思い立ったのです。

そして今回の翻訳には、下訳としてGoogle翻訳を試してみました。折りしも先月、Google翻訳の精度が向上した(人間の脳神経回路の仕組みをシミュレートしたニューラルネットが適用された)そうで、その人工知能の力とやらを見せてもらおうかと。

講義録はPDFなので、段落毎に文章をコピペし、Google翻訳にざっと訳してもらい、その後、自分で推敲するという流れだったのですが……これが、まあ驚くほどスムーズ。専門用語はともかくとして、読みやすい日本語が一発で出てくるし、100ページ訳すのに半月ほどで済みました。まあ、時たま文章が抜け落ちていたりするので、ちゃんと英文・日文をつき合わせる必要はあるものの、下訳としては十分、使えるレベルですね。訳語に迷ったら「リーダーズ英和辞典」で確かめてもいます。

リーダーズ英和辞典 <第3版> [並装]

リーダーズ英和辞典 <第3版> [並装]

 

まだGoogle翻訳だけで事足りるレベルではありませんが、少なくとも、かなり使える翻訳ツールなのは確かです。将来的にはさらに翻訳精度も上がるでしょうし、これで英文講義録の訳も進みそうですよ。今回訳した「The Love Series」は100ページ程度ですが、他にもっと長い講義録……1000ページ以上の「Incarnation Crosses by Profiles」もありますので、そちらの読解にも活用していくつもりです。