読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】魚座上弦の月:論理的に疑う、思慮分別、危機とパニック

ヒューマンデザイン

Thinking

明日12月7日18:03に魚座上限の月。月のストーリーは、11月14日の牡牛座満月ブレイクスルーを妨げる関係へ段階的に適応し、前進する」から、11月21日獅子座下弦の月「混迷の中でめちゃくちゃに動き回って偶然、幸運を手にする」を経て、11月29日射手座新月「目標に狙いを定めて決断する」「些細なことに焦点を向けてしまう強迫観念」に進んできました。無事にブレイクスルーへ向かう幸運や目標は見えてきたでしょうか。それとも、失敗を恐れる方向へ引っ張られてしまったでしょうか。幸い僕自身は、ここ最近、幸運が続き、目標も近づいた感がありますね。

さて明日の魚座上限の月のテーマは「論理的に疑う」です。たとえものごとが完成しても、まだまだやることはあるはず。「疑うことは良いことだと断言する」位置なのです。たとえ幸運を手にしたり、目標が成就しても、勝って兜の緒を締める、健康的な猜疑心ですね。ものごとの終わりは、新たな始まりだぞと。

Zen Meeting Room, Japan

さらにこのタイミングで、他の星も動いております。冥王星は、昨日12月5日07:43に「野心における思慮分別」の位置に入りました。正確には、今年1月31日~3月5日の位置に戻ってきたと言うべきでしょうか。野心を発揮し、上司に引き立てられて昇進するような際、自分が追い抜いた人たちを見下すようなことはしない、という思慮分別ですね。また、上司に目を付けられ、昇進のために呼び出される時期でもあります。冥王星はこの位置に来年1月3日までいますので、今年の年末、上司や目上の人から声がかかったら、どうか言動などは慎重に。

Lightning

そして逆行中の天王星は、12月8日11:11に現在の「風雷益(ふうらいえき)=増益」から、ひとつ前の卦である「震為雷(しんいらい)=目覚めの稲妻」に戻ります。8日からの位置は「危機やパニックが生じても、一人落ち着いて生き残る」という意味です。実は前回、天王星が卦を移動したのは、今年4月15日11:44なんですね。この前後に熊本地震の余震(4月14日21:26)、本震(4月16日01:25)が起きており、その位置に戻ってきたわけです。ヒューマンデザインは、地震予知するものではありませんが、トリッキーな天王星+稲妻の雷鳴という組み合わせは、予想だにしないショッキングなことが起きても不思議ではないようにも思えます。それでもそのショックに屈しない位置なので、何かあっても落ち着いていきましょう。

そして月のストーリーはこの先、12月14日の双子座満月「もう一度考え直し、風変わりな人や排除した人を呼び集める」から、12月21日乙女座下弦の月「才能があって成功する歌姫(ただし気難しく、人の気分を害する)」へと向かいます。やはり今年の年末パーティは、妙な人たちが集まりそうですね……(^_^;)

 

・ヒューマンデザインの個人リーディング・基礎講座を受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.com へご連絡ください。