読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】牡羊座上弦の月:再びの雷鳴

ヒューマンデザイン

Thunder over Blaj, Romania

2017年、最初のヒューマンデザイン月読みシリーズ。明日1月6日04:47に牡羊座上弦の月となります。今回の月の位置は「過去に受けたショックを参考して、今のショックに対処する」です。現在、天王星も同じ「震為雷=目覚めの雷鳴」にあるため、何かと衝撃的なことが起こりやすい時期です。しかし稲妻を受けるのは、その衝撃に耐え、強くなるためのプロセスです。過去に受けた衝撃を再度受けても「その手は二度とくわねえ」とばかりに処理できるかどうかがポイントですかね。

ヒューマンデザインの創始者ラーも「Not-Self(自分らしくない)の人は、同じことを繰り返し、周囲からバカにされる」と遺していますが、今回の月の位置もそうかもしれませんね。何度も同じ衝撃を受けていながら、同じように動揺していたら、人としての成長が無いワケですから。もし雷が落ちてきたら、おお、また来やがったか、やれやれという感じで対処することを目指しましょう。

Private Conversations

また木星冥王星は、引き続き「野望によって社会的ヒエラルキーを駆け上がる」力を下ろしています。さらに太陽も、冥王星と重なる位置に入りましたから、この力をよりいっそう後押ししている感がありますね。と言っても、冥王星は1月3日01:17から、野望を叶えるための試行錯誤の位置に来ており「あの手がダメならこの手があるさ」的に策略を巡らせております。今は野望関係が一時的にうまくいかない場合もありますが、それも将来への調整期間と思えば宜しいかと。

月はこの後、1月12日20:34、蟹座満月を迎えます。この位置は「細かい仕事に必要な忍耐力を鍛えるか、細かい仕事と向き合い落ち着かなくなる」です。引き続き、木星冥王星は、野望の階段を上る位置にありますから「これやらなきゃ昇進できないぞ」的な細かい仕事と向き合うことになるのかも……