読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【夢日記】砕けた窓ガラス、フェリーで出航

夢日記

HH-Ferries Mercanida IV (1989) 1

昨夜の夢。シーンその1。僕は、自分の部屋にいた。すると突然、窓の外に宇宙人か何かが現れ、窓ガラスを突き破ってきた。うわっ、どうしようと思っていると、いつの間にか窓ガラスは元通りに直っていた。

シーンその2。僕は、フェリーのような大型客船に乗ろうとしていた。出航時間ぎりぎりなのか、走って船尾に入り、エスカレーターを駆け上がって乗客係の人にチケットを渡した。その途端、ぐっと船が進み始めて目が覚めた。01:25。

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

夢の中の「窓」は、状況を超越してものごとを見る力。「ガラスが砕ける」は、夢や希望が打ち砕かれること。「宇宙人」は、自分が拒絶したり恐れているもの。なんでしょうね。自分が恐れているものに、夢や希望が打ち砕かれたように見えていても、実際には大丈夫だってことですかね。そうあって欲しいものです。

「船」は、感情の海を旅する乗り物。「エスカレーターを上がる」は、最良の選択で最良の方向に向かうこと。正しい方向に進んだ結果、感情の海に出航する準備が整ったのかもしれません。そういや今年の初夢は、誰かの感情を観察したうえで、いつかその感情の海に出航しなければならない、というものでした。早くも今年の大テーマが動き出すのでしょうか、どうなんでしょうか。