NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】人生の第48話

f:id:crystal0207:20150109180445j:plain

今日は48回目の誕生日。正確には、昨夜23:08がソーラー・リターン(誕生時の位置に太陽が戻ってきた)だったのですが、ヒューマンデザインではそのリターン時の星の位置で、その一年のテーマが決まるとしています。

ちなみに人生の第47話、2016年のテーマは、昨日も書いたように「本当にやりたいことをやるためにリスク(危険)を冒す」でした。昨年はヒューマンデザインのプロフェッショナル資格取得という、本当にやりたいことのために、時間やお金を費やすリスクを取ったわけで、それなりにテーマはこなしたかなと。また「本当に一緒にいたい人といるために、自分の個性を失うかもしれないリスクを冒す」 ことについても学びを得ました。このあたり4年越しのテーマだったので、それが終わった2017年はどうなるか、自己分析しておきましょう。

僕の2017年のテーマは、まずここ最近続いている「野望によって社会的ヒエラルキーを駆け上がる」(木星冥王星)。それから「家族や仲間の間で、自分の役割を意識し、身内の契約を大切にする」(ノード)。この2つは、取り組んでも取り組まなくてもいいテーマです。一応、その力が宇宙から下りてきているので使ってみれば、的な。さらに「相手のオーラを突破して、親密になる」(ノード)に夢中になるそうです。これは、夢中になる相手が現れるとも言われますが、星の位置をよく見ると「兄弟姉妹のように性的ではない親密さ」だそうなので、友達づきあいに夢中になるかも。

Masai Tribe

で、この3つとも家族や仲間……いわゆる部族性がテーマなんですな。仲間と性的にではなく親密になり、仲間内での自分の役割を意識しつつ、仲間と一緒に成功の階段を駆け上る、のが2017年のテーマなのです。僕の2017年は、まさにザ・部族イヤーですよ。

しかしあいにく、僕本来のデザインには、部族性がほとんどありません。家族や仲間との濃密なつきあい?いや勘弁してください。僕は一人でいるのが心地良いし、誰かとつきあうにしても、さっぱりした関係が好きなのです。洞窟にみんなで集まって、焚き火を囲んで、肩組んでEXILE的な部族の宴会とかちょっと……(^_^;)

ただ、来年2018年は、自分にとってかなり重要な(小惑星)キロン・リターンなので、その前年に、部族的なテーマが課せられることにも大きな意味があると思うのです。部族性が薄いからこそ、学べることも多いはず。もちろん、そういう状況に陥ったからといって、絶対にそのテーマをやる必要もありません。結局は自分の意志で決めるのでしょうが、さて、いったいどの仲間たちと、何をすることになるのか。答え合わせは、また来年の誕生日ということで……

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディング(120分 30000円)を受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.com へご連絡ください。