読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【夢日記】黴びたパン、特撮映画、飛ぶ夢

Pan

19日夜の夢。僕の家に、友人たちが遊びに来ていた。何か食べ物を出そうと思い、食パンの袋を開けてみたが、パンにはみな緑色のカビがべったり繁殖していた。04:39。

夢の中の「パン」は友好を表し、「カビ」は不健康な感情や欲望を表すそうです。かつて友好的な関係にあった人との間に不調和が生じる、ということですかね。

21日夜の夢は、特撮映画を撮影する夢だった。僕は出演俳優の一人で、飛んでくる板か何かを刀で真っ二つにするシーンを撮っていた。ところが特撮の仕掛けが不十分で、僕は特撮スタッフに「これじゃあ、ちゃんとした画にならないよ。どう撮るか考えてないだろ」と文句を言った。その後、箱の中からチャッキー人形が現れるシーンを撮り、僕がその不気味な人形の首をへし折ると、中から血があふれてきた。23:37。

夢の中の「映画」は、人生を表すそうです。最近、とある人の振る舞いを見て「そんな振る舞いをしたらどうなるか、この先分からずにやってるだろ」と思うことがあったので、夢の中でも、他人の人生にツッコミを入れたのかもしれませんね。あるいは首をへし折って、その人との関係をうち捨てたとか……

Fly

さらに二度寝すると、今度は空を飛ぶ夢を見た。僕は青空に向かって、ふわっと舞い上がったが、ある程度の高さより上には行けなかった。もっと上まで行きたいのになあ、と思ううち目が覚めた。01:26。

夢の中で「飛ぶ」のは、肉体的制限から解放されたい表れだそうです。実はヒューマンデザインのドリームレイヴ(夢解釈)でも、僕はこの「飛ぶ夢」と繋がりが深いと出ています。ドリームレイヴでの「飛ぶ夢」は、自分の肉体的制限を受け入れることから超越が始まる、としていますが、さて実際はどうなんだか……