NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【夢日記】エスカレーター、共依存、オオカミ

P1010872

昨夜の夢。僕は、黒い凹型のテーブルについて仕事をしていた。机の前の大きなモニターには、知り合いの編集者さんが仕事をしている様子が映っている。遠く離れているのに、なんだか同じ空間で一緒に作業をしているような感覚だった。すると誰かが傍に来て『いつも利用しているネットストアが繋がらないので調べてほしい』と言う。PCを立ち上げてみると、たしかにそのサイトには繋がらない。一時的にダウンしているのか、それとも急に閉店したのだろうか。

やがて僕は、仕事場を出て、上りエスカレーターに乗った。エスカレーターは、やけに勾配が急で、スピードも早く、思わずつまずきそうになった。上の階は、ショッピングモールになっていて、その通路では見知らぬ男性2人組が騒いでいる。一人は相手をかなりきつく叩き、叩かれている方はへらへらと笑っていた。叩いている方も問題だが、叩かれている方も相手のサンドバッグになることで自己価値を見いだしているようだ。心理学で言うところの「共依存」なのだろうが、さて、あの二人にそれを説明しても聞き入れてもらえるかな……と思いつつ、いつの間にか僕は建物の外に出ていた。

Wolf

建物の外には、野犬が群れをなしてうろついていた。群れのリーダーは、仔牛ほどもあるオオカミだ。うわっ、怖いなあ……と思っていると、僕は急に見えない力につかまれ、後ろへ引っ張られた。まるで『オオカミには近づくな』とでも言われているかのように。僕は、青信号が点滅している中、横断歩道をぎりぎりで渡り、駐車場を通って仕事場に戻ろうとして……目が覚めた。06:29。

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

夢の中の「机」は自分を調査研究すること。「コンピュータ」は現実を生み出す心。「上りエスカレーター」は最良の選択で最良の方向へ進むこと。「犬」は自分の男性的側面。信号の「青」は精神性やリラックス、幸せ、だそうです。

なんでしょうね。自分で自分の調査研究をしつつ、ネットを通して別の人物も観察し、調査研究すると。そのうち別の誰かを調べてくれと頼まれた場合、ネットが断線するので、仕方なく実地調査に赴くことになる。上りエスカレーターは、予想外のスピードで良い方向に連れて行ってくれるけれど、その先にいるのは、共依存に陥った人間関係。ただ、それにも口を挟まず、ただ観察する。こちらから野犬のように噛みついたり吠えてはいけない。実地調査が終われば、信号を渡ってまた、デスクワークに戻ると。

ヒューマンデザインで僕の環境を見ると「腐った社会や人間を目の当たりにするけれど、それを訂正することが人生の目的ではない。そういった環境に身を置くことで成長できる」とあり、それを思い出しました。また自分の中には「腐った人間は、もう元には戻らないものとして放置する」という冷たい部分があります。共依存に陥った人間も、あくまで研究対象として観察だけして放置する、のかもしれません。自分の中には、野犬やオオカミのような獰猛さもあって、腐った奴はさっさと噛み殺したいけれど、それはやるなと。魚座日食前夜、なかなか強烈な夢でしたな……