読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】双子座上弦の月:成長のために見直す

Climbing

明日3月5日20:32、双子座上弦の月。今回の月は「成長への飽くなき欲望」という位置になります。『易経』の卦で言えば「火地晋・万物が進む」=発展することに餓えるのですが、今回の月はポジティヴ面に偏っているので、良い意味での貪欲さという感じでしょうか。新月(日食)からの上弦の月なので、新月に抱いた成長欲が次第に形を現してくるのかもしれませんね。

さらに明日16:34には、冥王星「アルファオメガ」「光でもあり闇でもある」というターニングポイントから「懐の深さ」へ変わります。これは「野望」の位置であり、出世やキャリアアップの位置ですが、いったん出世したからと言って、下の者を見下すことなく、実りある関係が築けるという位置です。384個あるラインの中でも珍しい、ネガティヴな偏りの無い位置なので、結構ありがたいなと。

ただし冥王星は、4月20日から逆行を始め、6月8日02:08には再び「アルファオメガ」「光でもあり闇でもある」に戻ってきます。明日から6月8日までは、出世した後の人間関係を調整し、そこからまた新たなターニングポイント(7月18日07:21まで)に戻ると。

Venus

ちなみに金星は、昨日から逆行期間に入りました。まず金星=価値観を見直し、次に4月6日から逆行する土星=審判を見直し、4月10日から逆行する水星=コミュニケーションを見直すと。そして4月15日に金星が順行に戻り、価値観の見直しが済んだところで、4月20日から冥王星=隠された真実の見直しに入るわけです。すでに2月6日から逆行中の木星=ルールの見直しも続いていますから、成長のための再検討が強まってきますね。

そして月はこの後、3月12日23:54に乙女座満月を迎えます。この月は「プレッシャーを克服する望みを失う」という、ネガティヴな位置です。同じ日の07:30には、天王星「間違って悩みにエネルギーを注ぎがち」という、これまたネガティヴな位置に入るため、春を間近に控えて憂鬱になる場合もあるでしょう。それについては、また次回……