読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【夢日記】塹壕に隠れ、地下鉄で迷う

Trenches

昨夜の夢。僕は、見知らぬ屋敷の前にいた。その庭は、まるで塹壕のように長細く掘り返されている。僕はなぜかその塹壕に入り、忍者の土遁の術のように身を潜めた。すると誰かの足音が近づき、僕の上の地面を踏みしめている。もしかして僕を探しに来たのだろうか。しばらくすると足音の主はどこかへ行ってしまい……目が覚めた。00:34。

DSC06799

すぐに二度寝すると、今度は大阪の街をさまよっている夢を見た。近くに駅はないかとスマホで探してみても、うまく検索できない。すると目の前に突然、地下鉄の駅が現れた。京阪電車キャンペーンガールおけいはん」のポスターが張ってあったので、多分、京阪の沿線なのだろう。自動改札は無く、改札の人に230円払ってホームに入り、淀屋橋あたりに行こうと思ったが、どのホームから乗ればいいのか分からない。目の前にはもう電車が来ているが、それに乗っていいのかも分からない。まあいいや、一本見送って、ちゃんと調べてから乗ろうと思い、ガイドブックを開いたあたりで目が覚めた。05:14。

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

どちらの夢にも共通しているのが「地下」=無意識ですね。地面に隠れ、地下鉄を探したってことは、無意識の何かを求めているのでしょう。でも手元にはスマホもあるし、ガイドブックもあるので、焦る必要は無い。一本逃しても大丈夫。「大阪」はなんでしょうねえ。以前、大阪行きの新幹線が事故で止まるわ、行ったら行ったで御堂筋線が止まるわと、あまり大阪とは相性が良くない印象なのですが、厄介な環境でこそ成長できると考えれば、大阪的なコテコテな人付き合いが必要かもしれませんね。「230円=2+3+0=5=変化」の数字なのも意味深です。