読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】キロン・リターンまであと1年

f:id:crystal0207:20170424152517j:plain

今日は天気も良かったので、ぶらり新浦安まで散歩し、コメダ珈琲にてひと休み。金のアイスコーヒーと季節限定のキャラノワールを食べつつ、のんびりしてきました。

さて、ヒューマンデザインでは、人生に3回の転機(30歳、42歳、50歳前後)があるとしています。毎年書いてきましたが、僕自身の50歳前後の転機=小惑星キロン回帰まで、今日であと1年となりました。僕の場合、このキロン・リターンでの転機が最も強く現れるそうなので、以前から考察は続けて来たものの、具体的な形はまだ見えませんねえ。

一応、自己分析としては「30歳で世の中から身を退き、人生の屋根に上がって客観性を磨き、50歳以降は屋根から下りて再び世の中に戻る」「予期せぬ形で家族や仲間の知性のお世話をする」という転機です。まあ、ヒューマンデザインをお伝えすることも、ある種の知性のお世話なのでしょうが、1年後にはもっと違った形になるか、あるいは全然違うものを教えることになるやもしれず、すべては不確実なのです。

そして42歳の転機の「人生が不確実になる=どうなるか分からない」というテーマも、50歳で顕著になるようなので、我ながら、ほんと、先が見えませんわー。

それでも、とりあえず50歳近くまで無事に生きながらえただけでもOKかなと。なにしろ僕を含めたこの「50歳で屋根から下りる人」「若死にする典型」とも言われているのです。ある意味、50年熟成型の人生ですが、屋根から下りる前に腐る場合もあると。また「屋根から下りるのは嫌だ」と言い出す場合もあり、世の中に再び出ていくことを拒むと、人間としてCrashするとも言われています。Crash……自動車で言えば大破ですよね。これがBreakdown=故障だったら、部品を取り替えれば済むんですが、Crashとなると、もう廃車にするしかない。そういう岐路が、1年後を過ぎるとやって来ると。

まあ、今までに得たヒューマンデザイン知識であれこれ自己分析しても、結局は「予期せぬ」転機であり「不確実」な人生ですから、具体的に予測するのは不可能ですね。とりあえず心の準備をして、心身の健康を維持し、もしその転機が来た時には「ああ、これがそうなんだな」と気づけるようにはしておきたいものです。では1年後に向けてカウントダウン開始……