NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【夢日記】やりかけの作業、職場の朝礼

The Night Before (346/365)

昨夜の夢。僕は、どこかの駅で電車に乗り込んだ。車内の座席シートは空いていたが、席の前には机が並び、まるで今まで誰かが勉強していたかのように、筆記用具が散らばっていた。僕は、まあいいかと思いつつ、その席に座った。

するとシーンが変わり、どこかの街角で知り合いたちに遭遇した。どうやら今日は正月という設定らしく、僕らは「あけましておめでとう」と挨拶を交わした。すると知り合いの男性が、これから旅行のチケットを買いに行くと言って、一人その輪を脱けだした。いったいあの人はどこに行くのだろう……と思ううち目が覚めた。04:27。

ということで、また見ました「駅」と「電車」と「正月」の夢。「駅」は、仕事上のチャンスを捕まえる場所。「電車」は、組織内での仕事上の進路を意味します。「机」は、研究や問題を表すので、組織内で研究に打ち込むか、組織内の問題に取り組むのかも。筆記用具が散らばっていたので、誰かがやりかけた研究や問題を引き継ぐのかもしれません。「正月」は、新たなスタート。「旅行」は、自己探求、学び、成長を意味するので、その人が新たな経験を求めてどこかに旅立つのかなと。

Business men

さらに二度寝すると、今度はトイレに行く夢を見た。そこは旅館の共用トイレのように、いったんサンダルに履き替えるトイレだったが、床は水浸しだった。しかもそのトイレは一部がガラス張りになっていて、外を歩く通行人から丸見えになっている。なんだか嫌なトイレだなあ、どうしてこんなトイレに来たんだろう、そうか自分はいつも2階のトイレを使っているから、この1階のトイレは使わないんだった……などと思いながら小用を足した。すると、後から後から別の男性たちがトイレに入って来る。僕はさっさと用を済ませて手を洗い、外へ出た。

するとまたシーンが切り替わり、僕は見知らぬ職場の朝礼に出ていた。朝礼には、ビジネススーツを着た男性たちが居並び、その後ろの床には新品のスーツが一式置かれている。前に立っている上司は「さあ、今日から第2クールの始まりだ」と言って皆に発破をかけている。僕は「ああ、彼らが営業で頑張っているから、僕は研究に専念できるんだな」と感じた。ということは、僕は研究職という設定なのだろう。06:45に目が覚めた。

夢の中の「トイレ」は、過去の体験の浄化。「床」は、人生の土台。「水」は、感情。「サンダル=靴」は、基礎知識を意味するので、人生が感情的に汚れているので、感情的体験を浄化できる基礎知識を備えろってことですかね。「ガラス」は、他人とのコミュニケーションの壁でもあるので、それを誰かと共有するとか? あるいは僕自身が感情を浄化すると、後から他の人たちの感情も浄化されるとか?

「衣服」=役割ですが「スーツ」ということは、仕事上の役割でしょうか。床の上に並べられていたスーツは、僕のモノなのでしょうか。この先、営業的な仕事もやれとか? また、こちらの夢でも「研究」というモチーフが現れているのが興味深いところです。どちらの夢も地味目でしたけど……