NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】天王星逆行:パートナーを見つめ直す

couple on the beach

本日から天王星が逆行を開始しました。天王星は現在、ヒューマンデザインのホロスコープ(マンダラ)上で「新たな秩序を生む」位置にありますが、逆行・順行を繰り返すため、2019年4年14日まであと2回この位置にやって来ます。今後の天王星の動きは以下に。

 8月3日 天王星逆行開始

 10月23日17:41~「増益」に戻る

 2018年3月11日05:15~7月1日15:46 再び「新たな秩序を生む」へ

 2018年7月1日15:47~9月14日22:26 次の「家族や仲間を養う」へ

 2018年9月14日22:27~2019年4月14日 再び「新たな秩序を生む」へ

この「新たな秩序を生む」は、個人の突然変異を生み出す位置ですが、なにしろ突然変異なので、いつ起きるかまったく予想できません。早く突然変異したいな~、何か新しいことが始まらないかな~と思っても、なかなかそれが起きず、イライラしたり、憂鬱になる位置でもあります。「産みの苦しみ」って奴ですな。その位置に天王星が二度三度とやって来るということは、それだけ世の中に革新的な突然変異が必要なのでしょう。

そして天王星は7月8日から「自分を突然変異させてくれる(または子供を創るのに)ベストな相手を見抜く」という位置にあります。この位置で逆行が始まったということは、自分のパートナーを見つめ直し、どうでもいい相手とは手を切り、大切な人を選びなさいというメッセージに思えます。天王星はこの位置に、7月8日~8月29日22:08まで滞在するので、人間関係を仕切り直すには良い時期ですね。ちなみにこの夏を逃しても、2018年4月と2018年12月~2019年2月に、天王星はまたこの位置に入るので、チャンスはまだあります。まあ、それだけ見直しが必要な人間関係が多いってことですかね。

天王星は来年夏に、「新たな秩序を生む」を飛び越えて、次のテーマである「家族や仲間を養う」にも入ります。パートナーを選び直すにしても、養う・養われるという関係が加味されるかもしれません。いずれにしろ天王星は動きの遅い星ですので、パートナーを選び直すにしても、長い目で見た方が良いのでしょうね。

 

・ヒューマンデザインの個人リーディング・基礎講座を受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.com へご連絡ください。