NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【夢日記】売り切れ、拳銃、インク切れのペン

Fountain pens

今週の夢もまとめて記録。

8月1日00:50。居間のソファに座ろうと思ったら、床が濡れていたので、雑巾で拭いた。着替えようとして、Yシャツをハンガーから手に取った。夢の中の「居間のソファ」は日常的なこと。「床」は人生の土台。「濡れている」=感情が汚れている。そこを浄化すると「新しい服」=新しい役割を手に出来ると。

8月3日07:48。友人たちとの集まりの夢。知り合いのMさんの眉間に3つ目の眼がぱちくりと開いていた。Uさんは旅行に行っているらしい。「第三の目」は、客観的に見ること。「旅行」は、経験や学び。

8月4日05:47。見知らぬ街をぶらぶら歩いていると、和菓子屋さんの前を通りかかった。何か買おうとしたが、店員さんに『それは売り切れなので、この先のスーパーの前にある別の店に行ってください』と言われる。夢の中での「買い物」は、自分の成長に必要な手段や、新しい役割を求めていること。自分が求めている場所ではそれは得られない、違うところに行けば手に入る、ということか。

8月5日13:33。雑居ビルの階段を上がっていき、どこかの事務所に入ろうとすると、中に座っていた男性がこちらに拳銃を向けてきたので、咄嗟に扉の影に隠れた。「階段を上がる」は、正しい方向に進むこと。「拳銃」は、性的エネルギー。正しい方向に進んでも、邪魔されることはままあります。

8月6日06:05。何かのアンケートを書こうとしているのに、ペンがかすれてうまく文字が書けない。机には、他にも何本か筆記具があったが、どれもインク切れだった。「ペン」は、自分の意志を表現する能力。能力はあってもエネルギー切れなのか。