NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】水瓶座満月:悲しみを暴露する

Eternal Sadness

明日8月8日03:11に水瓶座満月(月食)。今回の月(と地球)の位置をヒューマンデザインのホロスコープ上で見ると「何もそこまで悲観しなくても…と嫌がられるレベルの悲観主義」という位置になります。何を悲観するかと言えば「目的を最善の状態では達成できない」と悲観するんですな。しかも今回の月食では、この位置にエネルギー旺盛な火星が手を貸し「秘密を暴露する or 秘密を聞いてしまう」という力が下りて来ています。火星は現在「暴露するまで自分の目的を秘密にする」という位置にあります。これらを総合すると「何か目的を達成しようとしていたけれど、それはもう達成できないと悲観し、そのことをぎりぎりまで隠し、突然暴露する」のようにも解釈できるのです。

面白いのは7月11日以降、海王星とノースノードが手を組み「論理的に考える」力がずっと下りて来ていることです。この力は、将来のためにあれこれ論理的に考えられる有益な力なのですが、その反面「将来のことを心配し過ぎて悲観的になる」力でもあります。そのため月食の位置と合わせて考えると「将来を悲観し過ぎて、そのことを突然暴露する」とも読めるのです。まあ、そういった暴露話をする側にもなるでしょうし、暴露話を聞く側になるかもしれませんが、いずれにしろ「突然の悲観的暴露」というのが、今回の月食のテーマのように読み取れます。

Séparation - Breakup

またこの時、太陽は「いかなる命令も拒否するアナーキスト(無政府主義者)」の位置にあり、水星は「劣悪な権力者の首を切る」にあります。物騒ですねえ。

先日もお伝えしたように天王星「自分を突然変異させてくれるベストな相手を見抜く」にあり、冥王星は相変わらず「野心の階段を公式ルートで上ることが阻まれた時、頼みの綱として裏ルートを使う」にあります。このあたり総じて、革命的と申しますか、これまでの人間関係を断ち切る・切り替えるイメージもあるので、そういった別離から「悲観主義」が生まれそうな気もしますね。今つき合っている人はベストな相手ではないと気づき、二人の将来を悲観して別れる・相手の首を切る・裏ルートを使ってもっと良い相手と繋がる。そして首を切られた方は、悲観主義に染まる……というストーリーにもなりそうですが、さて、そんな暴露話が聞けるのかどうか……

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディング(120分 30000円)を受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.com へご連絡ください。