NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】土星順行へ:利己的な嘘つきが裁かれる

Saturn

今年4月6日から逆行を続けていた土星が、明日8月25日から順行に戻ります。土星は、ヒューマンデザインのホロスコープ上で言うと、4月6日の「教師の概念」から「利己的な嘘つき」という位置まで逆行してきました。ヒューマンデザインの惑星解釈では『木星のルールを破ると土星に裁かれる』と言われています。その木星は現在「直観の声」にあります。つまり今は「正しい直観に従わないと、嘘つきとして裁かれる」とも言えます。

ところが今現在、木星がいるのは「困難な状況だが、直観だけが正解を知っている」「その困難さにイラついてしまうと、無益な行動を取ってしまう」という位置です。実際に正しい直観を聴き取るのは、かなり難しいかもしれませんね。ただ、その直観に従わないと「利己的な嘘つき」としてバチが当たるのではないかと。

you little trickster

この「嘘つき」というのは、トリックスターであり、敏腕セールスマンであり、詐欺師でもあります。そこに共通するのは「自分に都合のいい情報だけを流して相手を操る」というものです。「嘘つき」は、自分がどこまで噓をついたり、ハッタリを効かせられるか、それを見極める能力があると言います。しかし現在土星がいる位置を細かく見ると「嘘つき」の中でも「化けの皮が剥がれそうになると抵抗する」という位置にあります。

まあ、たしかに詐欺師が、その正体を見破られそうになったら、必死であれこれ、また噓をつきますわな。その位置までわざわざ、厳しい土星先生が戻ってきたということは、もう一度「嘘つき」を洗い出し、その罪を裁く時期なのかもしれません。土星はこの「嘘つき」に10月7日まで滞在しますので、身近な「嘘つき」にバチが当たるかどうか、観察してみてください(^_^) 

ちなみに僕自身は、この土星逆行期間を、「教師」としての理念を再構築する時期として捉えました。土星は10月7日以降、「教師の概念」に戻りますので、そこから先は「教師」としてしっかりとやらないと裁かれる時期になります。一応この逆行期間には、ヒューマンデザインのテキストをばしばしと訳し、「教師」への準備は進めていますが、はて土星先生の厳しいお眼鏡にかなうかどうか……

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディング(120分 30000円)を受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.com へご連絡ください。