NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【日常】試練の後に、灯台もと暗し

f:id:crystal0207:20170910173832j:plain

先月末から、モヤモヤする事案が続けて発生。まあ、文句を言ってもどうなるものでもなく、とりあえず無視はしたものの、やれやれまたかいな、いい加減にしてくれないかなあ、とウンザリするうち、仕事を進める気力も萎えてきてしまいました。

しかし、それじゃあイカん!ここでブレてどうする!と自分で自分に喝を入れてみたところ、ふと、その解決方法がポンとひらめきました。それはまさに「灯台もと暗し」的な方法で、なぜか今まで気づかなかったこと。まあ、もしかしたら、やっとその手段を使う時が来たので、ポンとひらめいたのかもしれません。

そしてその方法がひらめいた途端、昨日までのモヤモヤはどうでも良くなりました。よく『自分の道を進んでいると、本当にその道を進む意志があるのか、試すように邪魔が入る』なんてことを申しますが、今回のモヤモヤは本当に試された感がありますね。まさに『試練』的なプレッシャーでしたが、そういうモヤモヤがあった時こそ、それに囚われないことが大事ですね。むしろそのモヤモヤで、ああ自分はそれが本当に嫌なんだなあと気づけますし、縁を切るキッカケにもなりますし。

まあ、今すぐすべてが解決できるわけではありませんが、とりあえず光明が見えて、モヤモヤが消えただけでもありがたい限りです。今日の気づきは、なかなか大きな一歩かもしれません。