NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【夢日記】ネオン、金券、試験、屋根の上のゴリラ

Neon

11月11日の夢。僕は、友人の家で飲んでいたが、いったん自宅に帰ることにした。夜道を歩いていると、ネオンが輝く、2階にある雀荘だかスナックだかが、やけに騒がしい。しかし実はその建物の1階が僕のアパートだった。自分はどうしてこんなうるさい場所に部屋を借りたんだろう?と思いつつ、部屋に入ったあたりで目が覚めた。00:12。

11月17日の夢。母親が突然『私はお墓いらないから、これをあげる』と言って、回数券のようなチケットの束をくれた。よく見るとそのチケットは、1枚5千円の金券で、全部あわせて200万円ぐらいの価値があるようだ。なんだかよく分からないけど、これはありがたい……と思ったあたりで目が覚めた。00:35。 

11月22日の夢。僕は何かの試験を受け、まあ受かるだろうと余裕でいたら、不合格だった。しかし返却された答案用紙は、〇ばかり付いているのに、結局自分が何点取ったのか、そして合格ラインは何点だったのか、まったく公表されていない。なんだかなあと思いつつ、僕は友人とメシを喰いに出かけた。07:37。

Gorillas at Bristol Zoo

昨夜の夢。僕は自室(2階)から、窓の外を眺めていた。すると隣家の屋根に、大きなゴリラが2頭現れた。ゴリラたちは、牙を剥いて暴れながら、さらに隣の屋根に飛び移っていく。そこへ警官隊が、ゴリラを捕まえようとわらわら飛びかかった。するとそのゴリラが突然、四角い金属の箱のようなものに変身した。警官隊が警棒で殴っても、その箱はびくともしない。するとその箱が、今度はテレビ番組のニュースキャスター席に変身した。キャスター席に座る男性は何かしゃべっていたようだが、よく覚えていない。そのうち僕は階下へ下り、食事の支度をしようとしたが、あいにく食材が少ない。買い物に行こうかと思ったが、外にまだゴリラがいると怖いので、残りものでチャーハンでも作るか……と思ったあたりで目が覚めた。04:30。

11月後半の夢は、短い夢ばかりでした。まあ「200万円分の金券」は、ただ単にそれが欲しいのだろうし、「試験に落ちる」は、正解の無い人生の試験に落ちることを恐れているのかもしれません。「暴れるゴリラ」は、人生の屋根の上で暴れている人を、離れた距離から観察していた気がします。そして自分もまだ外に出る時期ではないと……