NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【夢日記】マネキンの腕、旗艦店

07.01.2012 - His Hand

先日の体調不良中も、いくつか夢を見た。いつもの習慣で、枕元の手帳に夢の内容を書き留めたが、さすがに熱にうなされていたせいか、そのほとんどが判読できない。一応「ミクロマン」「タマゴからかえるヒナ」「ジュース買う」とか書いてあるものの、記憶も曖昧なので、そのワードから夢の内容が思い出せないのだ。通常運転なら、ワードから内容を思い出せるのに……むーん、残念。

しかし体調も戻った昨夜の夢は、いつものようにメモも記憶もできていた。まず最初の夢は、夜の街のシーンだった。僕は、見知らぬ女性と握手をして『じゃあまたね』と言って別れるところだった。ところがその女性の腕がすっぽ抜け、しかもその腕はマネキンだった。女性はそのまま笑って去って行った。00:22。

夢の中で「手がさしのべられる」のは、援助が来ることを意味しますが、その手は作り物である、援助はニセモノである、ということでしょうか。怖い怖い。

そこから二度寝した後に見た夢は、自分が書店員時代の夢だった。どうやら会社は新店舗(しかも結構大型の旗艦店)を出すらしく、その新店舗要員として、自分を含めた4人の社員が選ばれた。僕は、残業が多かったら嫌だなあ、それより残業代はちゃんと出るんだろうか?と面倒に思う一方で、そういった旗艦店を出すなら僕自身がやらなきゃうまくいかないだろうなと、妙な自信も持っていた。06:09。

まあ、どうせ働くならやり甲斐があって、ちゃんとした見返りのあるところで、ということでしょうか。自分の転機となる来年以降、そういった決断をするかもしれませんねえ。