NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【夢日記】2018年初夢:女性としてカウコンの舞台に立つ

Tokyo Dome

2018年の初夢。僕は、若い女性芸能人という設定だった。僕は、まるで宝塚の男役のような、男装の麗人的なキャラクターだったが、なぜか本来の事務所からジャニーズに移籍して、毎年恒例のカウントダウンライヴ(通称カウコン)に出演するハメになっていた。ところが、どの曲を歌って踊るのか、どうやって歌って踊るのか、さっぱり分からない。周囲には先輩(つまりジャニーズの若い男の子)たちもいたが、頼りになりそうな人は誰もおらず、振り付けを教えてくれる人もいなかった。開演まであと1時間しかないのに、『俺はこれから映画を観に行くよ』と言い出す先輩もいて、ああこれは自分で振り付けを覚えるしかないな……と腹が据わったあたりで目が覚めた。01:37。 

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

2013年から夢日記を記録していますが、初夢とはその年を象徴する夢である……というのが個人的な感触です。ジャニーズのカウントダウンライヴは、年に1回、大晦日から元旦にかけて東京ドームで開催されますが、つまりそれぐらい大きな「舞台」=人生の舞台に立つってことですね。しかしその人生の舞台での立ち居振る舞いを教えてくれる人は誰もおらず、分からないなりに自分でやるしかない。その腹が据わるのでしょう。

たしかに今年は、自分にとって節目の年(小惑星キロンリターン)なので、「人生の屋根から下りる」とも言われていますし、何かしら大きな舞台に立つのかもしれません。あるいは事務所移籍のように未知の領域に立つとか、「男装の麗人」=男性性・女性性が統合された存在として「舞台」に立つのかも。「開演1時間前」というのも、もう「舞台に立つ」こと待ったなしという感じですね。

そう言えば石井ゆかりさんの「3年の星占い 水瓶座 2018-2020」でも、今年の水瓶座は(木星蠍座期の影響として)『行動しながら身につける』『マニュアルを開く前にゲームに放り込まれる』とあるので、そのあたりが出たようにも感じています。

ちなみに2017年の初夢を振り返ると、『揺れ動く感情を離れたところから観察する』『言葉を発していない教師』『自由に発言している生徒たち』『自分は高得点を取れたけど、クラス全体としてはまずい状況』というあたり、かなり的中しています。『抗議する女生徒』は目撃していないけど、抗議されてもおかしくない状況でもありますし、やはり初夢は結構重要な気がするなあ~

結局、2018年がどうなったかは、また来年のお正月に答え合わせを……